珍珍しいガジュマルしいガジュマル

昨日、うちなーぐち会の集まりが沖縄市のコザ十字路近くの東児童公園であった。小さな公園だが木陰がありそよ風が吹き涼しかった。

公園の中に珍しい樹形をしたガジュマルを見つけた。ガジュマルは沖縄ならどこにもある樹である。大きな幹から枝が横に伸び、ピラミットの形をした樹冠をつくりる。杉のような直立型ではなく横幅の大きいどっしり型の樹である。公園や拝所では樹齢の古い大きな神秘的な雰囲気を感じさせるガジュマルがある。

ガジュマルは1本の幹から枝が横に伸び、枝から気根が垂れ下がる。気根は地面に達すると太くなり枝を支える支柱根となる。支柱根に支えられて複雑の形をした樹形ができる。この公園にあるガジュマルは幹が横に伸びているが幹を支える支柱根がない。どうして折れないのだろうか。不思議でならない。写真をみてください。

このような独特の樹形をしたガジュマルを始めてみた。

ガジュマル.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのコメント