夏が終わる

8月も今日で終わる。朝、外に出ると空気が爽やかで気持ちいい。夕方、6時をすぎると日は和らぎ涼しい。樹の葉も動かず、トンボがすいすいとんでいる。空には白い雲。夏が静かに去っていくような感じがする。東京オリンピックは8月9日に無事終わった。夏の甲子園も29日終わった。東京パラリンピックが9月5日に終わる。今年の夏の大きなイベントがまもなく終…
コメント:0

続きを読むread more

上与那原寛和(ひろかず)銅メダル

29日、東京パラリンピック陸上車いすT52の1500㍍決勝があった。出場選手7人。上与那原寛和選手は、佐藤選手が引っ張る先頭集団に必死に食らいつき、4位を引きはし3位でゴールした。銅メダル。27日の400㍍でも銅メダルを獲得した。彼はマラソンが得意だが、パラリンピックの車いすマラソンがなくなったので、中距離に切りかえての出場だった。そし…
コメント:0

続きを読むread more

持続的な体力づくり

最近、思いついたことがある。「持続的な体力づくり」という言葉だ。聞いたこともない。インターネットで調べたがでてこない。ぼくの頭のなかで思いついた言葉である。ヒントになったのは国連のSDGS(持続的開発と目標)。2030年までに人間・社会・国が達成すべき環境・社会問題を示したものである。持続的(sustainable)という語に意味がある…
コメント:0

続きを読むread more

朝起きは三文の徳

朝6時、学校の樹の下の落ち葉を掃いていると中老の方が歩いてきた。半ズン、ルックサック、半そで、杖を2本ついている。体もしまり、声にも力があって若々しい。「おはようございます。お元気ですね」と声をかけた。立ち止まって笑顔で話しをしてくれた。“朝明けの空がきれいでね”“毎朝4時に起きて歩くんですよ”“1日、2万歩ぐらい歩くよ”石嶺4丁目に住…
コメント:0

続きを読むread more

認知症は人間性の喪失

最近のこと。校長先生と校庭で立話をした。二人が良く知っている人のことが話題になった。だが、その人の名前が思い出せない。お互いに思い出そうするが浮かばない。認知症かなと笑った。調べてみると、加齢によるもの忘れと認知症によるもの忘れは違うことを知った。例えば、加齢によるもの忘れは、朝ごはんに何を食べたか(メニュー)が思い出せない。だが、思い…
コメント:0

続きを読むread more

趣味と実益のランニング

昨日(25日)はリカバリーラン。1時間40分かけて7.22㌔。キロ12分ペースの超スローラン。トレーニング効果は1.7だった。前日(24日)はトレーニングラン。距離8.09㎞。3㎞コースで約300mの上りを全力走(6分台)、平坦と下りは7分ペースで走った。最速は5:19㎞/km。最高ピッチ193、心拍数最大196bpm、平均155bpm…
コメント:0

続きを読むread more

パソコンの故障

昨日の朝1番、パソコンに向ったら文字の入力ができない。出勤時に車のエンジンがかからないときの戸惑いだった。頭を冷やして対処法を考えた。購入先の家電店で修理を頼むことにした。10時の開店に合わせてパソコンを積んで出かけた。故障の原因を調べてもらったら、①ハードデスクの機能低下(使い過ぎ)、②ワードを使いながら平行してインターネットで検索し…
コメント:0

続きを読むread more

旧盆を終えて

お盆もすんだ。エイサーもなく静かなお盆だった。わが家でも家庭料理でご先祖をもてなし、お餞別もたくさん準備して9時過ぎにお見送りをした。例年なら、親戚方など大勢集まってうーくいをするが昨日は家族中心。料理もすべて家内の手作り。三枚肉、ソーキ、りんがく、オクラの天ぷら、輪切りのサツマイモ焼きなどで、刺身、すしとかの市販料理は一切無し。手作り…
コメント:0

続きを読むread more

旧盆のうーくい(送りの日)

今日は沖縄のお盆のうーくい(送りの日)。お盆の3日間、ご来世して共に過ごしたご先祖様がお帰りする日。見送りのエイサーもなく静かなうーくいになりそうだ。昨日は義兄の家に行ったが中にも入らず玄関であいさつをして帰った。例年なら、親戚を廻って仏壇に線香をあげ、ご先祖様にごあいさつをするのが習わしだが今年は親戚回りもない。のんびりしたお盆である…
コメント:0

続きを読むread more

2人の高校生ボーラー

昨日の夕方、ランを終えて城北中学校の校庭の落ち葉を竹ぼうきで掃き集めていると2人の高校生が近寄ってきた。2人はグラウンドでサッカーボールをけって遊んでの帰りに夢現坂をラッシュで上ってきた。その1人が、“城北中の4組でした”と声をかけてくれた。おぼえていますか、と聞かれても思い出せなかった。私はほうきをもったまま話をした。聞くと、2人は首…
コメント:0

続きを読むread more

体力づくりラン(Training run)

走るのが習慣となっている。ただ習慣的に走っているとマンネリ化して走る意味が薄れてくる。そこで、昨日、走る動機を4つのタイプに分けることを考えた。①リフレッシュラン(Refresh run)、②回復ラン(Recovery run)、③体力づくりラン(Training run)、④競技ラン(Racing run)。さっそく昨日は、③のTra…
コメント:0

続きを読むread more

私のランニングの目的

昨日の夕方、ウオーキングしながら考えた。走る運動には、ウオーキング、ジョギング、ランニングがると言うのが常識である。今までなんの疑問もなくその表現を使っていた。昨日、ウオーキングしていると頭にひらめくものがあった。今のウオーキングしているのは疲労とるのが目的ではないか。それなら疲労回復ランというべきだ。頭の中であれこれと考えているうちに…
コメント:0

続きを読むread more

運動と炭水化物の摂取

昨日のこと、朝から体が重く元気がない。気持ちの張りもない。走る気持ちもない。気持ちが落ち込み何もする気がない。病気が悪化したのではと内心心配した。思い当たることが2つある。これまで、9月20日に沖縄マスターズ陸上競技大会があるので、今月からインターバル練習を始めた。練習が終わって太もも、ふくらはぎの筋肉がピクピクと痛いが自然に治ると思っ…
コメント:0

続きを読むread more

アンチエイジング(anti-aging)

「アンチエイジング」という言葉をよく聞いたり使ったりする。「抗老化」と訳されているが、中身は理解していなかった。昨日、ある本からヒントを得て、「アンチエイジング」のことを考えた。老化とは、加齢によって起こる体のさまざまな機能低下のことである。年を取るとなぜ機能低下がおこるのか。勿論、長い間使っていると疲労し、経年劣化するのは当然のことだ…
コメント:0

続きを読むread more

誰が故郷を想わざる

今朝、朝食をしているとFMラジオから「誰が故郷を想わざる」の歌がながれた。一緒に歌った。遠い昔を思い出す。この曲が発売されたのは昭和15年(1940)、81年も前、私が3歳の時である。作詞 西条八十(やそ)、作曲 古賀政男、歌 霧島昇。古賀さんは福岡県大川で生れ少年期を過ごした。あるとき、そのころの思い出を西条さんに話したら、彼が詩にし…
コメント:0

続きを読むread more

私の健康の指標

健康とはどういう状態か。人により受け止め方があると思う。昨日の夕方、シャワーを浴びているとふとひらめいた。「身体の部位がよく動く状態」が健康の指標だと。健康とはと言えばすぐにWHOの定義を思い浮かべる。「健康とは、身体的、精神的、社会的に完全に良好な状態であり、単に病気でないとか病弱でないということではない」(Healthy is a …
コメント:0

続きを読むread more

コロナ732人―空襲警報だ

県が発表した昨日(12日)のコロナ新規感染数は732人。聞で数字を見たとたん出た言葉は“大変だ”  7月4日から1週間単位の増加を見てみよう(琉球新報)。 7月4日 ―10日 :336人増加 (1日平均)48人 7月11日―17日 :423人         60 7月18日―24日 :780人         111 7月25日―3…
コメント:0

続きを読むread more

自然治癒力の不思議

3週間前から右の腰が痛みだした。床に座るとき立ち上がるときギックと痛い。立ち上がってもしばらくは一歩も踏み出せない。心当たりがる。腰を鍛えるために坂道のラッシュを繰り返したからだ。走ると痛みは治るので軽いジョギングを続けた。良くならなければ整体院に行こうかと考えたが、我慢していると今朝は痛みがほとんどない。もし、整体院に行っていたら整体…
コメント:0

続きを読むread more

喜友名諒選手のインタビュー

東京オリンピック空手形の金メダリスト喜友名諒選手の共同通信社とのインタビュー記事が今日の琉球新報に載っている(p13)。共感するお言葉があった。今後、目指す境地は、と問われると:「稽古すればするほどどんどん新しいものが見えてくるので、自分の技をどんどん練っていく」喜友名選手は目下、空手形の世界選手権3連覇(2014年、16年、18年)、…
コメント:0

続きを読むread more

夏の甲子園が開幕

今日、第103回全国高校野球選手権大会が甲子園球場で開幕した。49校の選手たちが並んで行進する姿が凛々しく美しい。開会式で俳優の山崎育三郎さんが大会歌「栄冠は君に輝く」を独唱した。整列した選手を前に山崎さんの声が球場に響く。「栄冠は君に輝く」の情感が伝わる。聞く人の心を揺さぶる大会歌だった。山崎さんはNHKの朝ドラ「エール」で、主人公の…
コメント:0

続きを読むread more

東京オリンピック無事終わる

東京の国立競技場を主会場として17日間、開催された東京オリンピックの全競技を終え、昨夜無事に閉幕した。オリンピック開催に反対する者、開催に懐疑的な人や声、コロナの感染拡大の中での開催だった。開催してよかっだどうかの評価は今後語られるでしょう。大会期間中に、選手村にコロナがまん延しないか、台風や豪雨は来ないか、無観客で大会が盛り上がるのか…
コメント:0

続きを読むread more

喜友名諒選手金メダル

昨日、東京の武道館で行われたオリンピックの空手形で喜友名諒選手が金メダルを獲得した。沖縄出身選手がオリンピックで優勝するのはもちろん初めて。沖縄の歴史に栄光の1ページを開いた。残念だが、喜友名選手が演武するテレビ中継は見ていない。今朝の新聞の写真と記事を読んで自分の想像を膨らませながらこの小文を書いている。中学校2年の時から佐久本嗣男先…
コメント:0

続きを読むread more

長距離走の体からトランク走の体へ

この数日、雨が降ったり風が強かったりで走るには不都合な日が続いている。でも習慣になると気持ちがもやもやして、外に出たいと内なる声が聞こえる。昨日の午後、雨が小降りなるのを待って走りにでた。近くの城北中周回の1㎞コースをジョギングで3周した後、グラウンドでインターバル練習をした。これまで、基礎体力づくりを目的に5-10㎞のジョギングをして…
コメント:0

続きを読むread more

夢に懸ける人

東京オリンピックの12日目、3日、県出身の屋比久翔平(26歳)選手がレスリング77㌔級で銅メダルを獲得した。対戦相手はイランのマダリ・ゲラエイ選手。第1ピリオドで3点を先行されたが、第2ピリオで7-3と逆転した。そして、5分54秒、投げ技を決めテクニカルフォール勝ちを収めて。沖縄出身で、オリンピック個人種目で初めてメダルだ。沖縄のスポー…
コメント:0

続きを読むread more

コロナの感染拡大と若者の責任意識

沖縄県の8月1日のコロナ新規感染者数が439人。初めて400人を超えた。2日は367人で多い。県も打つ手がないように見える。1日の感染者数を年齢層でみると、20代が144人で、全体の33%を占めている。人口10万人当たりでは、県全体が130.7人なのに、20代では320.7人で、20代の感染割合が異常に高い。感染者を減らすには、20代の…
コメント:0

続きを読むread more