リハビリとは自分を変えること

昨日、ジョギングしているとふと「リハビリ」のことが頭に浮かんだ。パラリンピックの余韻がのこっていたのかもしれない。

リハビリと聞くと、病気とかで入院して退院後、衰えた体の機能を回復すること、あるいは骨折とかケガで通常の機能を失ったとき、回復させる訓練のことだと思っていた。ぼくには関係ないことと思っていた。

考えてみると、人はだれも年をとる。年と共に筋肉が落ち、筋力が弱り、関節が硬くなり運動機能が低下する。成り行きに任せておくと老衰へとすすむ。衰えた体の機能を回復させ新しい体にするように努めているのが今の自分である。

現在、無意識にやっているストレッチ、筋トレ、ジョギングはリハビリテーションによる自己変革だと気づいた。新しい概念が芽生えた。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント