僕のしごと

停年して、毎日が日曜日と思われるかもしれないが、僕に日曜日はない。毎日、自室を仕事場にして過ごしている。今、手がけていることは、沖縄の言葉(うちなーぐち)と「しまくとば」の違いを説明して、標準的な沖縄方言「うちなーぐち」を指定するよう社会に提案することである。

「うちなーぐち」は琉球王国時代の士族が使った言葉で、それが首里方言となり、標準化して「うちなーぐち」と呼ばれるようになった。一方、「しまくとば」は沖縄県の本島、離島、その地域や集落で使わる言葉をひっくるめた呼称である。

「しまくば」の学習とか教えるとは、各地域の言葉の違いを学び、教えたりるする知的な学習である。県民が汎用的に使える沖縄語の継承・普及とはならない。現在、公的に使われている「しまくとぅば」は実態と合致しない。よって、「しまくとぅば」という呼び方を改め、標準的な沖縄言葉となる「うちなーぐち公用語」を指定しれ継承普及してほしい。その主張を文章にしようと努めているところである。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント