うちなーぐちの勉強と情報集め

最近、うちーぐち(沖縄方言)の勉強に夢中になっている。

 昨日の午後、県庁8階にある文化観光スポーツ部文化振興課をたずねた。県がしまくとぅばの普及教材として作成し、小中学校に配布してある「しまくとぅば読本」がほしかったので、手に入れたいと思った。最初は、学校以外には配っていないと、断られたが粘ってお願いしたら、主任のYさんが出てこられ、しまくとばの勉強の参考資料として活用する条件で小中学校用のテキストを各々1冊提供してくれた。

Yさんの名刺の裏側のプロフィールを見ると、東京都の出身で琉大農学部卒。野村流歌三線師範、八重山古典民謡保存会教師、琉球古典芸能コンクール最高賞受賞、八重山古典芸能コンクール最高賞受賞とある。沖縄の芸能に造詣の深い方だった。

勉強するには情報や資料を集める必要がある。生の情報は動物が獲物を捕まえるように足で歩いて集めないといけない。目的の情報だけでなく、いろんな人と会い話をする機会が生まれる。知識も体験も豊富になり視野が広がる。自分だけの思い込みや独善的な見方が修正される。インターネットや本に頼るのではなく億劫がらずに人に会って情報を集めるようにしたい。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント