小鳥に会いに行く

朝6時前、竹ほうきとアルミ製の柄のついたちりとりをもって学校の校庭にいく。朝の日課である。今朝、落ち葉を掃いていると、2メートルほど先に1羽の小鳥が飛び降りてきてじっとぼくの動作を観察している。足をしっかり地につけ首をあげて身動きもしないで立っている。ほうきをおいてポケットから甘い菓子の一切れをちぎって細かくして前に投げるとさっと近寄っ…
コメント:0

続きを読むread more