柳川の川下り


川下りBB.jpg

福岡県の柳川は水の豊かな水郷だと思っていたらそうではなった。市の中を縦横に掘割(ほりわり)を造り水を流している。掘割とは地面を掘って造った水路のこと。昔、柳川は湿地帯で人も住めず農業もできなったので掘割を造って排水し陸地にしたという。掘割に筑後川の水を引いて生活用水、農業用水として利用し、また水路にして交通の要にしたが、今は観光スポットに変わった。

28日、柳川城の外堀を行き来する「どんこ舟」で川下りをした。客は9人。カヌ―の形をした小舟を船頭さんが長い棒で川底を押して進む。約4㎞を2時間ほどの水上観光である。

船頭さんが川岸の木々や柳川城の歴史を説明してくれる。北原白秋の童謡、この道、からたちの花、待ちぼーけ、城ケ島の歌を歌って聞かせる。船頭は74歳のおっさんだが気さくで洒落も飛び出す。「ウナギおいしぃ かばーやきー」(ウサギ追いし)、「カモは美味しいかも、そうかも」、「船頭は楽な稼業だよ、なにもせんとから」ゆーゆーの川下りだが退屈しない。

中学の時の修学旅行で、11芸で私は北原白秋の「この道」を歌った。北原白秋の映画もみた。少年のころから北原白秋の育った柳川に郷愁を抱いていた。柳川の地を踏んで心の古里に帰った気持ちだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント