何名兄弟ですか?

20代から30代の方に、「兄弟は何人ですか」と聞いたらどんな答えが返ってくるでしょう。平均すると、23人ではないか(1世帯当たりの全国平均の子ども数は1.7人)。

2-3日前の新聞(新報)の記事で見たことだが、今帰仁村の宮里政欣さん(沖縄ツーリスト相談役)、93歳、男兄弟3人、姉妹4人の7人きょうだいの長男だった(新報112日「失われた青春時代」。元プロ野球選手、広島カープの元投手、1シーズン23勝を上げて安仁屋宗八さんは(77歳)11人きょうだいの8番で6男だった(新報111日「復帰半世紀私と沖縄」)。

昔は、6-8人の兄弟が普通だった。今思うと驚く。きょうだいが多いと喧嘩もするがよく助け合った。兄弟愛が深かった。力を合わせて家計を支えた。父・母を助けた。

昔の家庭は貧乏だったが子どもの数は多かった。今は豊かになったが子ども数は少ない。世相が逆転した。

昔は子どもの貧困などという問題はなかった。貧困という意識を持つ余裕がなかったのだろう。貧乏から抜け出すために必死に働いた。今は、豊かな世の中になったのに、子ども貧困が大きな社会問題となっている。どこがおかしくなっていないかね。

昔は、貧しい中で育った子どもたちが成長して、企業家になり、政治家になり、スポーツ選手になり、教育者になり、科学者になって、貧困から脱出した。逆境が子ども育てると言っていた。今はどうかね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい かわいい

この記事へのコメント