セカンドベスト(次善の理論)

耳にした話である。息子がブランド品の最新のシューズを欲しがるので、父親がスポーツ店に連れて行った。そのブランド品がない。親が「別の銘柄を買ったら」と言うと、息子はいやという。別の店に行ってもない。もう、買うのは止そうかと親が言うと、必ずブラン品を買うといて聞かない。どうすればいいのか。親は困った。

この話を聞いて、「セカンド ベスト」(次善の理論)という言葉を思い出した。「最適な状態が実現不可能になった場合に、次の状態を求める」という経済学の理論(The theory of the second best)である。

現実に、企業で問題を解決しようと会議を開くと、理想的な解決策が提案されるが、現実的には実現の可能性がない。問題の解決を諦めるか、次の策を考えるか、選択せざるを得ない。

選挙の度に争点となる普天間飛行場の辺野古への移設問題。いかにしたら普天間飛行場を早期に返還できるか。①無条件返還、②県外・国外移設、③辺野古が唯一、と3つの主張が激突する。私は「セカンド ベスト」の考え方で議論した方が良いのではないかと思う。

結婚の相手を選ぶにも「最善」を望むと相手はいない。「次善」(セカンド ベスト)を選ぶのが最善ではないか。それが人生の選択である。

501字)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント