新聞投稿と生き甲斐

今日の琉球新報の読者投稿欄「声」に拙文が載った。12月14日にメールで原稿を送って3週間が経つ。ボツだとあきらめていたところに顔をだした。「災害は忘れたころにやってくる」(寺田寅彦)。「投稿は忘れたころに載る」それを実感した。運転免許証の返納は人生の第二ステージの始まりだとの趣旨のことを書いた。内容が抽象的で分かりにくい。文章の中身が薄…
コメント:0

続きを読むread more