“ぬぶい てぃーら”(朝日)を拝む

朝7時半、東の戸を開けた。はるか彼方の空から黄金の光を輝かせて朝日が昇るところだった。“すごい”“きれい”と一瞬声をだした。他の言葉は出ない。あまりの神々しさに天空を仰いだ。方言では“ぬぶい てぃーら”(のぼる 太陽)という。英語では“rising sun”。日本語ではなんと表現するのでしょうか。方言では、“あがり(のぼる)”、英語でも…
コメント:0

続きを読むread more