那覇から見たつくば市

那覇から見たつくば市

Tsukuba_Center_&_Mt.Tsukuba01.jpg

41日の午後、つくば市に着いた。東京秋葉原駅からつくばエクスプレで約60の乗車だった。私が住む那覇市から見えるつくば市の印象を紹介したい。

那覇市とつくば市を数字で比べてみると:

那覇市は、総面積が40km2 、総人口が32万人、1㎢に8,000人が住んでいる(人口密度)。

つくば市は、総面積が284㎢、総人口は23万人、1㎢に810人が住んでいる。

つくば市の面積は那覇市の4倍の広さだが、人口は28%も少ない。那覇市の人口密度はつくば市の約10倍。つくば市がひろびろとした空間があるのに、那覇は人や建物が密集している状況で、街の印象が対照的だった。

つくば市を一見した感じだが、①高いビルがない、②オフィッシュビルがない、③商店街がない、④中古車販売店がない、⑤パチンコ店がない、⑥カラオケ店がない、⑦居酒屋がすくない。⑧工場がない。基地がない。商業都市那覇との違いを実感した。

つくば市全域が筑波大学を核にした研究学園都市である。米国カリフォルニア州サンフランシスコにあるシリコンバレーの光景によく似ていると感じた。バーチャルな情報よりリアルな情報が栄養に富んでいる。

(写真:つくば市・大学キャンパス)。説明:前方に見える丸い塔が宇宙ロケット、左の円筒がJAXAつくば宇宙センター、後方の山や筑波山

478字)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
かわいい かわいい

この記事へのコメント