日本国憲法施行記念日

今日は憲法記念日。日本国憲法が施行された日である。

日本国憲法は、日本が戦争に負けた2年後の194753日に施行され、75年を迎えた。私が理解する日本国憲法とは:

  • 国民の守り神である。
  • 世界に誇る日本国民の理想の姿(シンボル)である。

今、享受(エンジョイ)している生活は日本国憲法のおかげだと感謝している。

日本は民主主義の国である。日本国憲法は前文で民主主義の原理を次のように定めている。

  • 国民は代表者を選んで主権を行使する。
  • 代表者が国民に代わって政治を行う。
  • 政治の福利(恩恵)は国民が享受する。

リンカーン大統領が唱えた「人民の 人民による 人民のための政治」の民主主義の理念を明文化したのが日本憲法である。国民は主権の行使を代表者に委託し、代って政治をさせ、その結果は良くても悪くても責任は国民が負う。これが日本国憲法の根底にある思想である。

憲法記念日は他人ことではない。成人一人1人が自分の権利と責任に目覚める日だ。第一に、代表者を選ぶ選挙に参加し権利を行使すること。それが日本国憲法を自分の守ることだ。日本国憲法を子や孫に引き継ごう。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント