前傾姿勢のランニングフォームへ切り替え

一昨日と昨日で二つの発見(気づき)をした。

一昨日、ジョギングを終えて、学校のグラウンドでスプリント練習をしたら足があがらず、スピード走もラッシュもできない。これはおかしいとおもった。

昨日、ジョギングをしながら少しペースを上げようと思っても足を引きずるようにしかはしれない。日ごろは、スピード練習とかはしないで、背を伸ばして歩く・走るフォーム作りを意識して、背を後ろに反らして胸をはってジョギングをしていた。

昨日のこと、何げなく上体を前に倒してみるとペースが自然に速くなる感じがした。そこで、ジョギング中、直立姿勢と前傾姿勢を交互に繰り返して比較してみた。直立姿勢は行進するようにフォームはカッコ良いが、歩幅は狭い。一方、前傾姿勢では歩幅が伸びペースが速くなる。この違いを実感した。

二つの発見:①直立姿勢では歩幅が小さくなり走りが遅い。②前傾姿勢だと歩幅が大きくなり足が前に出て速くなる。この発見が実際に効果を発揮するか試してみよう。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント