男の初恋

今朝、コーヒーすすりながらトースをかじっていると、FMラジオから「湯の町エレジー」の曲が流れた。曲に乗って声をだして歌った。男の初恋の切なさが胸に迫る。

古びた温泉街を初恋の女を慕って月明かりの中をギター弾きの男がとぼとぼ歩く。「湯の町エレジー」の歌詞の一節は:

 「伊豆の山々 月淡く

  灯りにむせぶ、湯の煙

  ああ 初恋の

  君を尋ねて 今宵また

  ギターつまびく 旅の鳥」

風の便りに聞く君は、出湯の街の人の妻。あっても語れない思い。ああ、忘れられぬ。夢を慕いて散る涙。今宵ギターもむせび泣く。

男ならきっと経験したことでしょう。男の初恋は純粋でいちずだ。初恋の彼女は天の星のように輝き、手を伸ばしてつかみたいと憧れる。この世に1人しかいない女性と惚れこむ。その粋な心情が男の初恋ではないでしょうか。

初恋ははかなく終わることもある。だがその思い出は老いても消えない。萎びた老人の心を青春に引きもどしてくれる。今朝、「湯の町エレジー」を聞いてひと時の間、青春時代に戻った。初恋は老後を回春する宝石だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント