高齢者の年齢意識

今朝、ボランティで校庭の落ち葉を掃いていると、朝のウォミンギから帰るご婦人に声をかけた。「おげんきですね」と。いや、「体のあちこちが弱って、もう年ですよ」と語る。まだ、60代後半にしか見えないのに「もう年だ」思っている。不肖私は20歳も年は上だが「もう年だ」とは思っていない。

そこで考えた。高齢者の年齢は何を基準に判断するのか。内閣府の「年齢・加齢に対する考え方に関する意識調査では、高齢者とは70歳以上が高齢者というが46.7%、75歳以上が19.7%、年齢で一律にとらえるべきでない」が32.9%だった。

高齢者と言っても個人差が大きい。年齢で一律には判断できないと思う。個人的な考えだが、高齢者かどうかの境目は「もう年だと思った時点」だと私は思う。70歳で「年だと」思ったら高齢者、90歳で「もう年」だとは思わなければ高齢者ではない。八重山の斎藤悌子さんは86歳でまだ現役のジャズシンガーである(昨日の新報)。斎藤さんは「年取った」とは思ってないはずだ。

Henry Ford(ヘンリ・ホード 自動車王)の言葉を紹介しよう。

「誰でも学びを止めたら年寄りだ。20歳であっても80歳であっても。学び続ける限り人は若い。人生で最も大事なことは心の若さを保つことだ」

Anyone who stops learning is old. Whether at twenty or eighty. Anyone who keeps learning stays young. The greatest thing in life is to keep your mind young


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

中山貴子
2022年08月05日 06:34
仲尾次様
おはようごうざいます。
"もう年だ"ついつい発してしまう言葉ですかね。
"もう少し若ければ何でも出来たのに。"
これも同じ事が言えると思います。
フォードの言葉、大事にします。
父のお姉さんは、大正8年生で施設でお暮らしですが、元気でいらっしゃいます。15才年下の弟に、"いぁや、わんゆか、とぅしゆてみぃいしが、ちゃぁんあらんな?わんねぇ、ちぶるやみん、くしやみんさんど。"と、何年か前に父は心配されていました。
私は叔母さんより45年も年下ですが、まだ子供みたいなもんだなと思ったものです。
今日も頑張るぞう。チャレンジ、チャレンジ。
追伸、米流組の件は、週末にコメントさせてくださいませ。
なかおじ
2022年08月05日 19:38
コメント興味ふかく読んでいます。
お父さんの「ちぶらんやまん」「くさみんさん」のお言葉は、体に何の障害もない、風だって引かないよ、健康だと意味で、うちなぐちの比喩を込めた表現です。健康体のお父さんですね。

5日のブログもお読みください。