さらば夏よ!(8月31日)

8月も今日で終わる。明日から9月。朝夕のそよ風が心地いい。台風11号が通過すると夏は去るでしょう。今年の夏は気温が高く猛暑日が続いた。部屋の中では1日中上半身裸で過ごした。熱帯アジアのカンボジア、フィリッピン、インドネシアの生活を疑似体験した。朝からセミの大合唱、炎のような太陽光線。空に広がる青い天空。思い出の夏だった。暑い、暑いと言っ…
コメント:0

続きを読むread more

ぼくの仕事と趣味

今は年相応に在宅勤務をしている。現役時代は会社のため組織の仕事のために自分の時間を投資した。今は自分の趣味の仕事に時間を投資している。趣味だからと気ままにやればいいというものではない。義務的な仕事であっても趣味の仕事であって時間を効率的に使って成果を出さないと仕事とは言えない。どんなことに1日の時間を費やしているのか。振り返ってみると主…
コメント:0

続きを読むread more

ニンジンの食べ方発見

夕食の主食はサラダである。レタスを水洗いしちぎってクリスタルガラス皿に盛り胡麻ドレッシングをかける。その上に大きく角切りにしたトマトをのせる。そして横に切った島豆腐を添える。あと1品、ワインのつまみを加える。私の夕食のメインディッシユ(main dish)である。サラダにニンジンを加えたいと思うが、歯が弱いので生では硬くて食べられない。…
コメント:1

続きを読むread more

今日の練習会

アミノバリューランニングクラブの8月最後の練習会。夜明け前は雷が鳴り大雨だったが、6時にはぴしゃりと止んだ。8時からは太陽がキラキラ輝いた。今日の練習会では、最初にストレッチとランニングの基本練習。足裏全体でフラットに着地する「ミッドフット」着地と親指で蹴ることを意識して走る練習を繰り返し指導受けた。ペースを上げると足が外に広がるクセが…
コメント:0

続きを読むread more

「しまくとば」の必要性(価値観)を転換したい(8月27日)

今朝4時に目が覚めて寝つけない。「しまことば」の復興のアイデアが脳内に浮かび眠気がしない。起き出してメモした。再度寝床に入って5時半まで寝た。「しまくとば」は消滅する危機に瀕していると、2009年にUNSCO発表した。沖縄中南部の言葉(うちなぐち)、北部の言葉(国頭語)、宮古語(宮古言葉)、八重山語(八重山言葉)、与那国語(与那国言葉)…
コメント:0

続きを読むread more

今風の「うちなーぐち」(沖縄語)の普及

沖縄の離島の島々・本島の地域・集落ごとに異なるしまくとばが絶滅の危機にある。しまくとばの標準語である「うちなーぐち」(本島中南部の言葉)も話す人が少なくなり存続が危ぶまれている。しまくとばを復活したいと県を初め関係者が模索しているが効果のある手立ては見つかっていない。私も勉強中である。身近な例として、沖縄語(うちなーぐち)と標準語(日本…
コメント:0

続きを読むread more

那覇市長選挙の市長の動きに注目

沖縄県知事選挙が明日告示される。玉城デニー、佐喜眞淳、下地幹朗の3氏が立候補する。9月11日が投票日。だが、今の僕は、県知事選より10月に行われる那覇市長選挙に興味を抱いている。現城間幹子市長は引退する。誰を後継者に推すのか。副市長を務めた知念覚氏が自民党側から立候補すると、オール沖縄の候補である翁長雄治氏との争いになる。城間市長は翁長…
コメント:0

続きを読むread more

体の手入れで健康年齢が若返る

最近、特に身体(足の先から肩・腕・胴体・腕)の動きがよくなった。関節の可動域が広くなったからだと思っている。朝、目がさめると寝床の中で仰向けのまま首から脚、腰、体幹のストレッチをする。腹式呼吸を4-5回繰り返してから起き上がる。それから、ヨガのポーズで脚、腰、腕を伸ばしたり、ひねったり、曲げたりする。次に腹ばいになり猫のポーズでお尻、腰…
コメント:0

続きを読むread more

体も脳も使える間に使う

那覇市の学校は今日から二学期の後期が始まる。明日からは生徒が登校する。休みの間に草木が伸び放題にいると、登校する先生も生徒も爽やかな気持ちにはなれないでしょう。校門を飾る二つのガジュマルの花壇にサンニンや雑草が生い茂って荒れている。夏休みが終わるまえにきれいにしたいと前から思っていた。昨日、それを実行した。午前は10時から12時過ぎまで…
コメント:2

続きを読むread more

「宮城県勢対決制す」

「宮城県勢対決制す」今朝の琉球新報のスポーツ欄のトップ見出しである。昨日、所沢市にあるベルナードームで行われた西武対オリックスの試合は0-6でオリックスが勝った。オリックスの宮城大弥(ひろや)投手が8回まで西武打線を無失点に抑えて勝ち投手になった。8勝目。二桁勝利まであと2勝。西武の与座海人投手は7回まで投げて2失点と好投したが打線が得…
コメント:0

続きを読むread more

今日もわくわく

野球のことで朝からわくわくしている。今朝の新聞を広げると「DENA嶺井逆転2点タイムリー」。嶺井捕手が昨日の広島戦で逆転の2塁打を放ち、本拠地の横浜スタジアムでの15連勝に貢献した。DENAがセ・リーグの3位に浮上し首位ヤクルトに5ゲーム差に迫る。面白い。また、今日はパ・リーグ首位西武の先発は与座海人(かいと)、3位オリックスの先発は宮…
コメント:0

続きを読むread more

日常の中にわくわく感を!

みなさん、日常生活の中で嬉しいことや楽しいことが起こることを期待して “わくわく”することがありますか。私は平凡な生活をしていますが“わくわく”することがたくさんある。朝起きるとおいっしいコーヒーが飲みたい、夕方の運動を終わるとワインが待っている。夕食はなにかな、等々いつも“わくわく”するまた、朝、体重を計るときも“わくわく”する。“わ…
コメント:0

続きを読むread more

体力を強くする3つの実行

当然のことだが、年齢が増すと体力・筋力が落ち動作がにぶる、バランス反応が落ちる、関節が固くなり動作の幅が小さくなる、転びやすくなる、歩行が遅くなる、等々が現実となる。体力を強くするために、ウォキング、ジョギング、ストレッチを心がけている。最近、特に気持ちをいれて実行していることが3つある。自分の体の弱い個所に気づいたので、それを補強する…
コメント:0

続きを読むread more

第36回那覇マラソンを応援(8月17日)

待望の第36回NAHAマラソンが12月4日に開催される。8月15日から申し込みが始まった。定員20,000人の参加制限があり先着順で締め切られる。35回連続完走者43人、昨年のオンライン参加者4,000人には優先枠がある。第35回大会は2019年12月1日だった。3年ぶりの開催だ。私は連続完走の優先枠の案内ももらったが申し込みはしない。…
コメント:0

続きを読むread more

恵みの秋を楽しもう

毎朝、8時になるとパソコンと向き合って座る。東の窓と南の戸を開ける。東の窓からは朝日が差すのでカーテンで引く。明け放しの南の戸口からはそよ風がすいすいと吹いてくる。そよ風がとても気持ちが良い。夏の間は1日中上半身裸でタオルを離さずに汗を拭いていた。 今朝は、南から涼しい風が部屋に吹き裸の皮膚に優しく触れていく。この一両日、体の五感で秋…
コメント:0

続きを読むread more

“Hangry” と “Hungry”

昨日、月1回の英語の勉強会(English Connect)が2時から久茂地の県立図書館の4階の部屋であった。アメリカ人講師を中心に11名が参加し、距離をとって円型に座り英語で意見交換をする。日本語は使わない。各自、感想とか意見を述べる。聞くだけでは意味がない。アメリカの授業風景を思い出した。発言の多い学生ほどポイントをポイントを稼ぐ。…
コメント:0

続きを読むread more

今日の練習会―PDCA

今日はAVRCの8月第1回目の練習会だった。私にとって、練習会は日ごろの練習の成果を評価する日である。いわゆる、ビジネスで経営改善、品質管理の手法として使われるPlan(計画)―Do(実行)ーCheck (評価)―Action(改善)「PDCA」の一つである。今日の結果を評価(Check)してみよう。練習メニューの第1回目は1kmのトラ…
コメント:0

続きを読むread more

空の雲に誘われて

今朝6時頃だった。ガジュマルの落ち葉を掃き終わって空を見上げた。青い空を北から南方向に真っ白な一直線の雲が長く伸びている。ヘビのように細長い。初めてみた。当たり前のことだが、空を見上げると雲がある。形も色合いも違う。青い空を背景にした風景画を見るようだ。見ると目の疲れ方とれ気持ちも爽やかになる。希望、夢、意欲、元気が湧く。1日の仕事を終…
コメント:0

続きを読むread more

大谷翔平とべーブルース

9日、大リーグエンゼルスの大谷翔平が今シーズ10勝目をあげた。カリフォルニア州オークランドで行われたアスレチックスとの試合だった。それがなぜ「アメリカの野球史を変えた」と全米の話題をさらったのか。大谷は投手と打者の両方のポジションをこなす。今シーズすでに投手として10勝、打者として25号のホームランを打っている。日本でも、ホームラン王の…
コメント:0

続きを読むread more

今日はお盆の入り

沖縄では今日8月10日はお盆の入り、ウンケー。13日のウークまで昔なら家々ではご先祖様をお迎えするのにてんやわんやした。中でも、女性たちは買い物、お供え物の準備、盆料理の調理で汗びっしょりだった。昨日、道端でお年寄りの女性と立ち話したら、「昔はお盆になると“ちむわさわさ”(心がさわぐ)したよ、今はいつもとあまりかわりないね」「お供え物の…
コメント:0

続きを読むread more

甲子園よ サヨナラ―

甲子園に出場した興南高校は、昨日、千葉県の市立船橋と対戦し5-6でさようなら負けした。9回の裏、1死満塁でまさかのレットボールで押し出し、試合終了。5点リードしていたのに逆転負け。人生には逆転勝利もあるし逆転負けもあると思えば諦めもつくが、期待が大きかっただけに悔しい。レットボールの瞬間、テレビを消した。今年の私の甲子園は終わった。忘却…
コメント:0

続きを読むread more

うちなーぐちで時候のあいさつ

早いものですね。昨日(7日)は暦の上では立秋でした。「皆さん、こんにちは。昼間はまだ太陽が照りつけていますが夏負けしていませんか。炎天下に外に出ると日射病になります。朝方の涼しい頃、夕方の涼しい頃に歩いてください」うちなーぐちであいさつすると:「はいさい。まふくゎ(真昼)や てぃら(太陽)くゎんくゎん(照りつけている)そうびーしが なち…
コメント:0

続きを読むread more

高校野球―尾藤公監督(びとうこう)

甲子園でみた高校野球監督の中で記憶に残る監督が二人いる。徳島池田高校の蔦文也(つたふみや)と和歌山簑島(みのしま)高校の尾藤公(おどうただし)である。蔦は40年間池田高校野球部監督、「さわやかいれぶん」「攻めだるま」の異名を持つ名物監督。ここでは、尾藤監督のことを書きたい。一番印象の残っているのは尾藤監督の笑顔である。1979年、第61…
コメント:1

続きを読むread more

夏の甲子園開幕

今日、第104回全国高野球選手権大会が甲子園球場で開幕する。北海道から沖縄まで各県の代表49校が頂点を目指して戦う。どんなドラマが生まれるのだろうか、わくわくしながら開幕を待っている。○出場回数が多い高校  岐阜商   30度目(2年続)  仙台育英  29   (3年ぶり)  奈良天理  29   (5年ぶり)  智弁和歌山 26  …
コメント:2

続きを読むread more

母は心の故郷(ふるさと)

昼食後昼寝し、2時に起きてコーヒーで目を覚ましながらFM21浦添をトランジスタラジオで聞いた。昭和歌謡の番組だった。「星の流れに」が流れた。昭和19年戦争が終わって人々は食べ物を探して命懸けに生きた。戦場から生き返っても家も家族もいない帰還兵たちが巷に溢れていた。「星の流れ」の彼女も元従軍看護婦だった。帰ってきても生きるすべもなく夜の女…
コメント:2

続きを読むread more

高齢者の年齢意識

今朝、ボランティで校庭の落ち葉を掃いていると、朝のウォミンギから帰るご婦人に声をかけた。「おげんきですね」と。いや、「体のあちこちが弱って、もう年ですよ」と語る。まだ、60代後半にしか見えないのに「もう年だ」思っている。不肖私は20歳も年は上だが「もう年だ」とは思っていない。そこで考えた。高齢者の年齢は何を基準に判断するのか。内閣府の「…
コメント:2

続きを読むread more

文章の新しい書式

2日間、ブログを書けなかった。琉球新報に投稿する文章を書くのにてこずり、時間が割けなかった。文章はワードに文字を入力するだけだったのに、今度は、規定に沿って文章を書かなければならなくなった。これまで、投稿する文章には文字数の規定だけがあった。例えば、「声」400字、「ティータイム」600字、「論壇」1900字等。それが変った。「ティー7…
コメント:2

続きを読むread more