母は心の故郷(ふるさと)

昼食後昼寝し、2時に起きてコーヒーで目を覚ましながらFM21浦添をトランジスタラジオで聞いた。昭和歌謡の番組だった。「星の流れに」が流れた。昭和19年戦争が終わって人々は食べ物を探して命懸けに生きた。戦場から生き返っても家も家族もいない帰還兵たちが巷に溢れていた。「星の流れ」の彼女も元従軍看護婦だった。帰ってきても生きるすべもなく夜の女…
コメント:2

続きを読むread more