高校野球―尾藤公監督(びとうこう)

甲子園でみた高校野球監督の中で記憶に残る監督が二人いる。徳島池田高校の蔦文也(つたふみや)と和歌山簑島(みのしま)高校の尾藤公(おどうただし)である。蔦は40年間池田高校野球部監督、「さわやかいれぶん」「攻めだるま」の異名を持つ名物監督。ここでは、尾藤監督のことを書きたい。一番印象の残っているのは尾藤監督の笑顔である。1979年、第61…
コメント:1

続きを読むread more