前立腺ガンとの戦い

前立腺がんと診断されて1年半が経つ。今日は月1回の定例検診がった。血液検査を受けて主治医の所見を聞くまでの間、約2時間の時間があるが入試の合格発表を待つ気持ちで待機した。

結果は、がんの進行の度合いを示すPSAの値が8.811と出た。8月は10.688だった。約2ポイント下がった。「順調にいっている。他の臓器もすべて問題はない」と医師がいう。嬉しかった。初回の検査ではPSA値が1960.424で骨に移転していると言われた。

医師との相談の結果、ホルモン療法(男性ホルモンの分泌を抑える)から始めることにした。注射をして飲み薬を毎日飲む。薬の副作用として、体が女性タイプになり、体脂肪が増え、筋力が落ち、骨がもろくなり骨折しやすくなる。また、体力もやる気(覇気)も落ちる。医師の説明にも薬の注意事項にもかいてある。

医師は面談の最初に体調はどうか、と聞く。快調ですと応えた。副作用の現象は一つもない。逆に、筋力がつき、やる気も高い。副作用の特徴である女性化は感じない。食欲もある。むしろ、日常生活が活発になった。

体重のコントロール、野菜重視の食事(ヤギのように野菜を食べる)、ストレッチと筋トレ、そしてランニング。この生活習慣が免疫力を強くし、がんの増殖を抑えていると自賛している。PSA値は一桁に下がったが、がんとのしのぎ合いはまだ続く。体内の免疫細胞を支援しよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

なかおじ
2022年09月05日 08:38
ガンバレの気持ち玉、ありがとうございます。

NAHAマラソンを走る気持ちで毎日楽しく生きています。先にあるのは目標だけです。