芭蕉布の平良敏子氏死去

芭蕉布と言えば平良敏子。国内でも名の知れた方である。終戦後、沖縄の伝統的な織物であった芭蕉布が消えそうになった。平良さんは芭蕉布の織物を引き継ぎその復興の仕事一筋に生きた。13日、101歳で大宜味村の自宅で死去された。2000年に国の重要無形文化財「芭蕉布」の保持者として人間国宝に認定された。趣味一筋に生き、その成果が国の重要無形文化財…
コメント:0

続きを読むread more