正月は白いご飯

朝起きると外は小雨。気温18度。北風がビュービュー吹いて冷たい。昨日の明るさが一変して冬空になった。今日からは正月休み。6時起床、のんびりと朝を迎えている。

昨日、新潟県上越市のお米農家から上越産こしひかりが届いた。新米のこしひかりだ。純米のこしひかりって美味しいでしょうね。朝起きて、一番にご飯を炊こうと炊飯器まで出したが、早まるとおかみにしかられると思って、起きるのをまった。起きてきたので早速頼んだ。新潟の新米でご飯を炊いてくれと。"そうだね”とOKした。

いつもの朝は、まくらパン2枚にジャムを塗って家を出て、職場に着いてからレンジで温めて朝食にしている。昼食はご飯。弁当箱に詰めた冷たいご飯をレンジで温めて食べる。腹が空いているのでどんなお米かは知らないがとにかく美味しい。

今、正月に何を食べたいか聞かれたら、白いほかほかのご飯と、即答える。おせち料理とか年越しそばより白いご飯が食べたい。理屈も理由もない。ただ食べたいだけである。

ラン日誌 201 2月29日(土)曇り
新都心公園 17:00~17:40 3.5km
体が重いのでジョギング。

"正月は白いご飯" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント