お尻の筋肉―大殿筋(だいでんきん)の働き

見向きもしなかった自分のお尻。体を動かすのに大事な働きをしていることに気づいた。

速く走るには、歩幅を3㎝伸ばし、1分間の歩数を10歩増せばいいと、単純に考えた。どうしたらそれが可能になるかは、知らないで脚の筋トレと股関節を鍛える練習を続けた。だが腿上げ、股割(開き)、屈伸、スクワットが上手にできない。

大殿筋の働きについて、インターネットで調べたら、次のことが分かった。

〇大殿筋は直立と歩行に重要な働きをする。
〇股関節(こかんせつ)の屈伸運動には大殿筋の運動がかかわる
〇大殿筋は太ももの上げ下げ運動に関係する働きがある。
〇大殿筋は太ももを外に回したり内に回したりする働きがある

いままで、走るために、ふくらはぎ、前の太もも、後ろの太もも(ハムストリングス)を鍛えるつもりで練習していたが、それは表面的な練習に過ぎなかったのだ。また、脚や腰のストレッチが上手くできない。その根本の原因は大殿筋の弱さにあるときづいた。犯罪捜査の過程で真犯人を見つけた思いである。ストレッチで大殿筋を鍛えよう。効果がでるはずだ。


"お尻の筋肉―大殿筋(だいでんきん)の働き" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント