“努力とはなにか”

今朝の琉球新報のインタビュー記事を読んだ。「ゆくい語り」「沖縄人へのメッセージ」。「ゆくい」とは沖縄の方言で、「仕事を終えて一服する」「リラックした気分」のことで、西武ライオンズの山川穂高選手のオフのインタビューを掲載している。

山川選手は、プロ7年目。2年連続パ・リーグの本塁打王。西武の背番号3.インタビューで語った山川選手の言葉を聞いてみよう。

〇僕は努力という表現が好きじゃない。すべて練習です。人が寝ている間にどれだけできるかです。

〇スポーツはセンスや身体能力が高いだけではだめ。

〇「よくやったね、すごいねといわれるのが一番嫌い。聞かないようにしている。まだ、僕は全然すごくない」

〇目標は3冠王

山川選手の話を聞いて思った。努力とは何か。なんぎしたくない。苦労したくない。楽なことをしたい。「安易さ」へ傾く心との闘いだと思う。野生動物は獲物を捕って生きている。行動しなければ獲物は取れない。獲物の大きさ、種類は個体によって違う。だが、行動しないと手に入らない。

われわれの獲物は目標であり、狩りをすることを努力という。

"“努力とはなにか”" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント