コントを一芸

コントを一芸

コントとは笑いを目的とした寸劇。

ある日の昼下がり、ひげを生やした80歳をすぎるオジイがテレビの前に座ってラグビーの試合を見ていた。そばに息子の太郎が座っていた。


オジイがウチナーグチで(方言)言う。“太郎、ラグビーやチュクルセール ヤミ”(ラグビーは人殺しか)

太郎 “オジイ、チュクルセーヤアイビラン。試合ルヤビーン”(人殺しではなく試合ですよ)

オジイ “エーアンル ヤルイ”(ああ、そうか)

オジイ “ヌーガ アンセ、テレビヤ「タックルセ、タックルセ」ンチ アビールバーガ」(そうだのに、なんでテレビは殺せ、殺せと叫んでいるの)


オジイのとんち(頓智)に参った。

沖縄の言葉では「タックルセ」とは「殺せ」という意味である。


"コントを一芸" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント