事後批判より実践を

今朝の琉球新報の「うそぱち」がおもしろい。

「コロナ感染拡大

  あなた方は事後批判だけが専門ですか?」

                  国民

  専門家各位

  (豊見城・だからよ)

と、今の世相を皮肉っている。コロナに関するテレビの解説とか討論番組を見ると政府の決めたことや実施したことを批判する話題を多く取り上げている。当事者たちは政府の欠点や誤りを指摘して俺たちは政府より優れているんだと自己顕示しているようにも見える。

会社の会議でもよくある。問題の解決を話し合う会議だのに過去の仕事の是非とか過ちを指摘して口角泡を飛ばして盛り上がる。だが本筋の問題解決の対する意見を求めると黙ってします。意見を言うより批判するのが無難だから。こんな風潮を数多く経験してきた。

今の大きな社会問題は事後批判ではなく、緊急事態を早く終わらせることだ。国民も政府も与党も野党も知恵をしぼって感染を抑えることだ。

"事後批判より実践を" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント