大股歩き(歩行 )の訓練

今週初めから大股歩きの訓練を始めた。人から勧められ本を読で知ったわけではなく自分で思いついた。

某日、ウオーキングをしているとお年寄が前を歩いていた。背丈はあるが歩き方が弱々しく、覇気がない。片方の足の指先と他方の足のかがとの間が開いてなく、小刻みに足を運んでいる。歩幅が小さい。

自分の歩き方をみると、同じ歩き方をしているではないか。歩幅を小さくしてゆっくり歩いている。他人の目からすると老人くさいと思うかもしれない。そんな姿を見られると恥ずかしい。そうだ、歩幅を大きくしようと思いついた。

意識して、片足ずつ大きく前に踏み出す。小さな溝をまたぐように歩く。今週は毎日4㎞、大股歩きの訓練そしている。習慣になるまで続けたいと思う。

昨日、妻と外出したら、歩き方をみて「すごい、10歳、若くみえる」と感心してくれた。大股歩きをすると、①歩行速度が速くなる、②元気よく見られる、③気持ちが若返る、④足腰の筋トレになる。⑤脳が活性化する、等々の利点があるのに気づいた。加齢への小さな挑戦だ。挑戦なくして進歩なし。

"大股歩き(歩行 )の訓練" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント