佐藤優氏の病状と仕事

佐藤優さん(64歳)は琉球新報に毎週土曜日「うちなー評論」を寄稿している。評論家・作家として池上晃さんと肩を並べるほどの著名人である。本もたくさん書いている。テレビ出演、大学教授等々、身を切るような忙しい生活を送っておられると思う。

昨日の「うちなー評論」でご自分の病状を告白されている。

「私事で恐縮だが筆者の病状について伝えたい。肺炎は治った。血液透析は軌道に乗っている」。その上、前立腺がん、心臓病の手術を控えていると語る。人工透析は週3回、14時間。きっと歯がゆいでしょう。

佐藤さんは、病気と闘いながら仕事との闘いに情熱を燃やしている。自分の身の上を顧みると、健康であるの仕事への情熱が燃えない。野球に例えると、バッターボックスに立って空振り、見送り三振を繰り返している。ヒットが打てない。それでも草野球だからと楽しんで生きている。

それでは、与えられた健康に済まないではないか。病と闘いながら仕事に情熱を燃やす佐藤優さんから一撃を食らった。

"佐藤優氏の病状と仕事" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント