コロナと生活様式の変化

緊急事態宣言が全国一律に今月末まで延期された。やむを得ない措置でしょう。新規発生が衰えつつあるとは言え、昨日は全国で177件、東京で87件、北海道で31件とまだ多い。それに伴い、政府の専門家会議は「新しい生活様式」を提案した。それによると、食事をする時は料理に集中し、おしゃべりは控えること人と人とが接近しないこと(社会的距離を保つこと)…
コメント:0

続きを読むread more

雨の日の散歩

昨日は朝から雨だった。ずっと家にこもり細々と仕事を終え、午後5時から傘をさして散歩に出た。ゆいレール石嶺駅から首里リウボウ前を真っすぐ行くと首里駅。地名は首里汀良町(てらちょう)。十字路を左に曲がると西原に通じる県道155号線。沿道左側にコープ沖縄、首里石嶺球場、城東小学校がある。昔は、首里駅前の道角は露店の朝市で賑わっていた。西原方面…
コメント:0

続きを読むread more

「桃栗3年柿8年」

ランナーズ日誌をめくって自分がたどってきた足跡を振り返ると「桃栗3年柿8年」のことわざが浮かびます。沖縄県マスターズ陸上競技大会に初めて出場したのが第7回大会、1986年49歳のときでした。M45代の5000㍍に出場し出場者5人中最下位でした。第8回大会はM50で、1500㍍4位、5000㍍2位、9回大会は1500㍍3位、5000㍍3位…
コメント:0

続きを読むread more

ランニング日誌(ランナーズDiary)

本棚を整理していると古いランニング日誌があった。ランナーズの付録(RUNNERS DIARY)に書き込んだ1986年から1997年まで、12年分、49歳から61歳までの日誌が記されている。1986年(49歳)の日誌の主なポイントを拾ってみると:1月1日(水)雨              〇琉大南門折り返し13㎞ 1時間20分 ジョギング…
コメント:0

続きを読むread more

今日から5月―ゴールデンウイーク

今日から5月。鯉のぼりが青空に舞う五月晴の風景が浮かぶが、ゴールデンウイークの天気は曇りと雨。今日から5日までは曇と雨。6日から10日までは雨の予報だ。せめて天気だけでも晴れてくれたらいいのにと思う。外出もしないから暇な時間が増える。筋トレやストレッチで体を鍛えるには恵の暇だ。また、パソコンを前に仕事するのには都合がいい。この二つでゴー…
コメント:0

続きを読むread more

お尻周りのストレッチ

昨日の夕方、浦添グラウンドの外周コースを走ったあとストレッチをした。腕の上げ回し、上半身の屈伸、ひねり、開脚、スクワット、等々。屈伸、腰のひねり、横曲げがキツイ。その時、ハット気づいた。「お尻周りの筋肉が硬い」のだと。お思い当たることがある。テニスボールをブロック壁に当てて取る練習をしているとボールが横に転がると捕れない。下半身が動かな…
コメント:0

続きを読むread more

一進一退の攻防戦

1日にコロナウイルスに感染した人数が、27日は172人になり減少したと喜んでいたら28日(昨日)は282人に増えた。東京でも27日に39人に減ったが昨日は112人に増えた。沖縄は27日の新規感染者は0だったが昨日は4人に増えた。減少したと思ったらまた増える。28日の新規感染者が多い都道府県は: 東京  112人 北海道 38人 神奈川 …
コメント:0

続きを読むread more

コロナに勝とう

コラナウイルの感染発生が0になるニュースを待っていました。願い通りに沖縄で昨日感染発生が0になりました。0の日が続いてほしい。全国でも新規感染者の数が減りました。昨日(27日)午後9時現在での新規感染者は172人。前日の午後6時現在(207人)より35人減りました。また、東京は35人で、前日(72人)から37人も減りました。一方では、北…
コメント:0

続きを読むread more

免疫力―自然治癒力を高めましょう

コロナウイルスの予防には3密を実行することが最優先です。そのうえに自分の体の免疫力を高める意識も忘れないでほしい。政府や社会に頼っては免疫力は高められない。自分で努力するしかない。どうすれば免疫力(自然治癒力)を高めることができるか。次のことが良いと言われています。私もそうだと実感しています。体の五感に刺激を与える。外にでて風の音、小鳥…
コメント:0

続きを読むread more

ステイホームを楽しく

コロナとの攻防戦がヤマ場を迎えた。沖縄も今日から5月6日まで「ホームスティ週刊」と定め、企業、商業施設、公園、行楽地、学校も封鎖状態になった。人々は2週間の台風と思って家に閉じこもるしかない。命を守るためだ。「ホームスティ週刊」をどう過ごすか。問題は多いが、暇が増えととらえ、その時間をプラスに活かしてほしい。大人は、①体力づくり、②コロ…
コメント:0

続きを読むread more

91歳のマラソンランナー

本を整理していたら2017年7月号の「ランナーズ」が出てきた。ページをめくったら「91歳でもフルマラソン完走!」の記事が目にとまった。読んで気持ちが奮い立った。和歌山県の上野山肇さんは91歳。2016年、6時間34分36秒で神戸マラソンを完走した。上野山さんの生き方が紹介されている。〇モット:「丈夫で長生き」「健康一番」〇トレーニング:…
コメント:0

続きを読むread more

上杉茂憲(うえすぎもちのり)第二代沖縄県令のこと

昨日の午後7時からテレビ「QAB開局25周年特番 最後の米沢藩主上杉茂憲-沖縄の民に義を貫いた男」を見た。沖縄のために尽くした上杉県令の献身的な義に感銘した。上杉茂憲(もちのり)は明治14年(1881年)政府の任命で沖縄県令(知事)に赴任した。当時の沖縄は、琉球王国が崩壊し沖縄県となった2年後であった。王国から県になったものの旧王国の士…
コメント:0

続きを読むread more

コロナが社会を変える

新都心公園でジョギングをしていたら、反対側から知り合いの女性が歩いてくる。近づいて話しかけようとしたら、「近寄るな」と両手で止められた。良い感じがしなかった。これもコロナのせいかと諦めるしかない。コロナが人々の生き方をも変えた。これまでは「引っこもり」はだめよ「外にでなさい」だった。「仕事を休んではいかん」から今は「仕事を休め」に変った…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ予防と体重管理

コロナウイルス感染拡大を抑えるため、玉城知事が20日、県独自の「緊急事態宣言」を発表した。県民に, 〇 外出を自粛すること、〇出勤を週5日から1日にすること等、できるだけ活動を控えてほしいという要請だ。緊急事態対策で経済活動は減速する。一方、個人の生活では、朝起きて、出勤・仕事という通常のリズムが崩れる。生活のリズムをどう組み立てるかが…
コメント:0

続きを読むread more

コロナ予防と口磨き

全国に緊急事態宣言が出されて生活の仕方が一変した。休みの日でも外にも出ない。人の集まり、公共施設の使用も制限される。平日の学校も仕事も休み。今までの社会生活が崩れ、原始の生活パターンに変ってしまった。何よりも大事なことは、自分も家族も感染しないこと。手洗い、マスク、3密禁止(密閉・密接・密集)を守りながら、自分独自の工夫をする。以前から…
コメント:0

続きを読むread more

文章の練習

琉球新報4月18日の「ティータイム」に小生の文章が載った(筋トレで若返る)。練習のつもりで書いているのだが、文章を書くのは難しい。書こうとすると書きたいことがあれもこれもと出てきて、630字の「ティータイム」に800字を超えるまとまりのない文章になってします。字数を削って文章の形を整えるのに苦労する。80㎏の体重を60㎏に落とすようなも…
コメント:0

続きを読むread more

1日人間ドックの結果

昨日、首里坂下の琉生病院で1日人間ドックを受診した。検診終了後、医師から検診結果の説明と仮報告書をもらった。検診結果を自己評価してみた。 ◎21の検査項目中:A異常なし     :11項目B軽度の異常    :2C経過観察     :7D治療が必用    :0D1精密検査が必要  :1(肺の小さな斑点)E治療を継続して下さい:0◎昨年よ…
コメント:0

続きを読むread more

国民対コロナの闘い

新コロナウイルスの感染者が増え続けている。14日現在の国内の感染者数(クルーズ船を含む)は、NHKの調べで8403人、13日より329人増えた。テレビ等は増える度に大きく報道するが、減った時のニュースは小さい。減ったニュースを心待ちしているのに!全国の1日当たりの新しい感染者の発生件数を見ると: 11日 719人 12日 500 13日…
コメント:0

続きを読むread more

投稿原稿を書いた

1週間ほど手こずっていた原稿をやっとまとめて今朝、琉球新報のティータイムにメールに投稿した。「スクワットで5歳若返る」と見出しを付けた。高齢でも自分の体力に合った筋トレをして筋肉を鍛えましょうという趣旨です。内容は、一緒に新都心公園でトレーニングしている87歳の照屋さんが天空橋の坂をラッシュする話。そして、自分がスクワットを続けて実感し…
コメント:0

続きを読むread more

仕事の向こうに夢がある

昨日の夜9時からのRBCテレビで「下町ロケット」特別総集編を見た。自分の心に響くものがあった。下町の精密機械メーカの「佃製作所」の社長佃航平はロケットエンジンの中枢部品であるバルブシステムの開発に会社の命運をかける。社員の反対、資金難、経営危機、開発の困難さ、他社からの妨害、弱小企業と卑下されてもバルブシステム開発に没頭する。国産ロケッ…
コメント:0

続きを読むread more