運転免許更新証更新

昨日、運転免許証を更新し2024年(令和6年)2月11日まで有効な新しい運転免許証をもらった。免許証の更新には、70歳以上になると高齢者講習会を受講しなければならない。さらに、75歳以上の人は認知機能検査、記憶力、判断力検査を受けて合格しないと高齢者講習会を受けることができない。昨日は、午前中に認知機能検査と高齢者講習会、午後から運転の…
コメント:0

続きを読むread more

野球に暮れた1日

昨日は、アミノバリューランニングクラブの練習会でキツイ練習をしたので今日は休養日。5時半に目覚めて、寝床で30分のストレッチ、6時から城北中中庭の落ち葉の掃き清め。中庭に生えたガジュマルの樹の落ち葉が散っているのでほうきでかき集めて取った。今日は、那覇地区中学校の新人野球大会が学校であるので、校外から応援の方が来校する。きれいにしておき…
コメント:0

続きを読むread more

筋肉はタイヤの空気

今日のアミノバリューランニングクラブの練習会は、〇坂道スプリット3.12㎞、〇楽々ランニング3.53㎞。坂道スプリットは、新都心公園天空橋の上下往復4セット。ラップタイムを見ると: 最初の1㎞:6.41分/km        2km:7:00        3km:7:01        0.12㎞:4.53   平均ペース6:49分/…
コメント:0

続きを読むread more

悲しみから希望へ

東北大地震・大津波が発生してから10年の月日が経った。昨日は、東京や福島、宮城、岩手の被災地では犠牲者を追悼する行事が行われ、新聞、テレビが特番を組んで終日追悼の報道を繰り返した。報道の趣旨・内容は:〇災害を振り返る、〇記憶を風化させるな、〇震災の教訓を忘れるな、〇外面(ハード)は復興したが心の復興は進まず、だった。廃墟と化した被災地は…
コメント:0

続きを読むread more

東北大震災から10年に思う

10年前の3月11日、大津波が岩手、宮城、福島3県を襲った。津波が地上の構造物を破壊し2万人を超える人の命を奪った。あの光景は記憶から消えない。思い出すのは東京電力福島第一原子力発電所の事故のこと。地震と津波で建屋が被災し、発電中だった原子力発電所の1号―3号機が停止し、炉心の冷却ができなくなった。燃料の温度が上昇し放射性物質が漏れ始め…
コメント:0

続きを読むread more

「論より証拠」

昨日夕方5時過ぎ、散歩がてら首里の石嶺図書館に寄った。科学雑誌「NEWTONE」があった。4月号で「老いの教科書」の特集だ。急ぎ目を通した。老化の原因、特徴、予防等を専門的に解説してある。要点をメモした。老化の初期自覚症状は、立つ、座る、さがむ、起きるなどの身体機能の変化である。それは、骨、筋肉、関節が老化した証拠である。骨、筋肉、関節…
コメント:0

続きを読むread more

「論世り証拠」

昨日夕方5時過ぎ、散歩がてら首里の石嶺図書館に寄った。科学雑誌「NEWTONE」があった。4月号で「老いの教科書」の特集だ。急ぎ目を通した。老化の原因、特徴、予防等を専門的に解説してある。要点をメモした。老化の初期自覚症状は、立つ、座る、さがむ、起きるなどの身体機能の変化である。それは、骨、筋肉、関節が老化した証拠である。骨、筋肉、関節…
コメント:0

続きを読むread more

沖縄ことばは味くーたー(味わいがある)

琉球新報の2月1日の「ティータイム」に中村さん(83歳)が「島くとぅばの妙味」と題して面白いことを書いている。暑い、寒い、甘い、辛い、美味しい、きれい、おもしろという形容詞を沖縄のことばでいうときは、語尾にサンをつければいいという。例えば、暑いーアチサン、寒いーヒーサン、甘いーアマサン、辛いーカラサン、きれいーチュラサン、おもしろいーウ…
コメント:0

続きを読むread more

苦しい時こそ心の余裕を

悩みが多い昨今の生活だが、ひときの間、心を和ます余裕を持つといい。新しい気づきがあり明日へのヒントが見つかる。そんな思いを書いて2月15日に原稿を送った。10日過ぎても掲載されないので、ボツと思っていたら6日(沖縄タイムス)に載った。読む人に気持ちが伝わるかといつも気になる。下手の横好きと思ってお目通しください。
コメント:0

続きを読むread more

沖縄の人口に懸念

沖縄の人口は年々増え、2021年2月1日時点で146万人となった(推計)。自然増加率は全国1位である。沖縄の人口の自然増加に陰りが見え始めた。今朝の新聞によると、去った1月に死亡した人は1,242人、生まれた子どもは1,198人。死亡した人数は出生数より44人多い。1カ月の数字だから、1年を通して見ないとよくわからないが、人口減少の兆し…
コメント:0

続きを読むread more

“努力”とは“練習の継続なり”

心に余裕ができたせいか、最近、とっぴなことに気づく。“努力したね”、“努力の成果”、“努力している”等々、“努力”いうことばを当たり前のように使う。なんの疑問なく使っている“努力”だが、今朝、何げなく“努力とは何か”と疑問が浮かんだ。遊びでもスポーツでも1つのことに夢中になって取り組む子どもたちがいる。仕事に精を出す大人がいる。日々練習…
コメント:0

続きを読むread more

「練習は不可能を可能にする」

昨日、散歩がた首里石嶺図書館に寄った。書棚を見て回ると小泉信三先生の本「ペンは剣より強し」が目に留りました。目次に「練習と人生」という1節があったので、立ち読みしました。その中に「練習は不可能を可能する」という言葉がありました。小泉信三先生は経済学者でスポーツマンでもあり慶応義塾大学の塾長にもなられた。上皇天皇の幼少時・少年時代の教育を…
コメント:0

続きを読むread more

具志川商を応援しよう

以前にブログに書いたことを骨子にして文章を練り直して琉球新報の「声」に投稿したら今朝の紙面に掲載されました。コロナに関心が向きすぎてか、具志川商のセンバツ出場にクールな感じがするので、県民がもっと関心をもってほしいと思って書きました。応援する気持ちが強くなると県民の話題も気持ちも熱くなるはずです。コロナにも負けるなと。拙文ですがご一読く…
コメント:0

続きを読むread more

三位一体(さんみいったい)の健康法

最近気づくことは、新聞の折り込みチラシに機能性表示食品の広告が多いことです。年を取ると、体に必要な成分が少なる。だから、その成分を補う必要があると書いています。どんな成分かというと、①若さを保つ成分、②脳を元気にする成分、③筋肉や軟骨成分。これらの不足成分を補う機能性食品を販売していますから食べて・飲んで健康になってくださいという広告で…
コメント:0

続きを読むread more

夢は努力で開く

中学校で3年生の英語を教えて9か月が経ち、今日が最後の日となった。生徒たちに何を話したらいいかと考えた。さようならだけは物足りない。話しても生徒が興味を示さなければ意味がない。教室の壁に生徒が書いた標語を見つけた。「夢は努力で開く」。これだと思って、アメリカンの水泳界で活躍した沖縄系3世の親川義信(Yoshinobu Oyakawa)さ…
コメント:0

続きを読むread more

言葉のキャッチボール

私はキャッチボールが大好きです。相手にボールを投げる、相手のボールがグローブにパシッと返ってくる。だが、言葉のキャッチボールは下手です。最近、本を読んで学びました(「世界最高の話し方」岡本順子著、東洋経済新報社)。キャッチボールをする時は、自分の好きなボールを投げるのではなく、相手がキャッチしやすいボールを投げること。同じように、話しを…
コメント:0

続きを読むread more

行動の変化で健康維持

昨日、走る仲間のK先輩と練習会に行く途中、車の中で雑談した。2歳年上で、自分は中学卒業だと謙遜されるが、人生体験が豊富な方で話に味がある。「85歳は体力の分かれ目だよ」とおっしゃる。なぜか。85歳を過ぎると行動に変化が無くなるから、とご自分の体験を語る。84歳先のことは経験したことがないのでわからないが、頭のなかでは「そうかもしれない」…
コメント:0

続きを読むread more

高年者の減量と体力

今日、沖縄市の県総合運動公園でアミノバリューランニングクラブ in 沖縄の合同練習会があった。9:30スタート。沖縄マラソンコースにチャレンジするメンバーが3人、他は公園内のコースを楽々ランニングで2時間走。ぼくは5㎞コースを2時間走った。今日の個人的なテーマは、「高年者の減量は体力に影響するか」を確かめることだった。体重55㎏から減量…
コメント:0

続きを読むread more

英語の勉強法

英語の勉強も日常雑事の1つになっている。部屋にいる時や車の中では、APRニュース(アメリカの公共ラジオニュース、American Public Radio)を聞いている。十分聞き取れるレベルではないが、聞き流している。耳を慣らすつもりで聞いてる。いろいろ言葉が聞けるので英語の復習にもなる。最近、頻繁に利用するのはスマホのGoogle. …
コメント:0

続きを読むread more

練習方法の改善

23日の天皇誕生の日の夕方。城北中学校周辺を周回する1㎞コースを走った。上り下りの集落道路で道幅が狭いが坂の練習ができるので気に入っている。車に注意しながら走った調子が良かったので70~80%の力で練習ができた。下りの400㍍はスロー、平坦100㍍はラン、上りの500㍍ではピッチを上げる。きつかったがインターバル練習ができた。走った距離…
コメント:0

続きを読むread more