筋肉と3つの魔法の言葉

昨日、新都心公園でインターバル練習をした。200㍍を16回走った。50~55秒のペースだが、キツイ練習だった。最後の1本は力尽きた。一夜明けた今朝は、何にもなかったように体がすっきりしている。疲労の痕跡もない。ふくらはぎ、太もも(大腿四頭筋)、ハムストリングス、お尻(大殿筋)に痛みもなく平然としている。筋トレで筋肉を鍛えたメリットで…
コメント:0

続きを読むread more

200㍍インターバル練習

                                                 (新都心公園のデイゴ・尾尻先生撮影・4月11日)今日のアミノバリューランニングクラブの練習会はコロナに配慮して自主参加で行われた。6名の参加者だった。200㍍のインターバル組と長距離組の2つに分かれて練習した。私はインターバル組。新都心公園…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルス感染と風評

安部首相が「緊急事態宣言」を出した7日以降もコロナウイルスの感染が増え続けている。昨日は、全国で576人の感染者が出た。東京では181人。1日当たりの感染者数の最多を更新した。全国の感染者数は累計で5000人を超えた報道されている。沖縄では昨日、新たに3人の感染者がでた。県内感染者の累計は43人になり、39人が入院中である(新聞)。新た…
コメント:0

続きを読むread more

緊急事態をチャンスに

昨日、新都心公園を走って不思議な光景を目にした。午後6時ごろになると、公園のサッカー練習場は小・中学生の子ども達で賑わっていたのに昨日は子ども1人もいない。隣のテニスコートもスケートボウル場も空になっている。一方、公園の芝生の広場では子どもたちが思い思いに走り回っている。お父さんやお母さんとボール蹴りをしたり、バレーボール、キャッチボー…
コメント:0

続きを読むread more

「緊急事態宣言」を聞いて

昨日(7日)のNHKテレビ(午後7時)で、安倍総理大臣がコロナウイルスの感染拡大を抑える「緊急事態宣言」を出した背景を説明された。なぜ「緊急事態宣言」を出さざるをえなかったか、どんな内容なのか、安倍首相のお話しに耳を傾けた。7日までの国内のコロナウイルスの感染者数は3,906人(厚生省発表)。死亡者80人、回復者622人。前日より回復者…
コメント:0

続きを読むread more

田島清さんからもらった言葉

昨日の夕方、新都心公園を走っていると、行き違いに“おおい、なかおじ”と声が聞こえた。彼は自転車を止めて、自分の方を向いている。近寄ると急には思い出せなかった。声でわかった。“田島さん、ひさしぶり”とあいさつした。田島清と言えば、60代~70代の沖縄マスターズ陸上競技の花形選手。高跳び、棒高跳び、幅跳び、やり投げ、砲丸の選手。75歳代の5…
コメント:0

続きを読むread more

門中清明祭と第一尚志王統

昨日は孫氏門中(そんうじ)の清明祭があった。門中(もんちゅう)とは祖先を同じくする血族の集まりである。お墓は那覇市の末吉の森の中腹にある。12時に集まって、線香をお墓にあげ、会長の挨拶、行事・会計報告ある。それから、弁当風の御馳走、お餅が配られた。コロナウイルスのことがあり、立ったまま、手を合わせて早々と終わった。孫氏門中は、崎山、平田…
コメント:0

続きを読むread more

リーダー不信のメッセ―に疑問

今朝の新聞を読んで疑問に思った。琉球新報の毎週日曜日のコラム「日曜の風」に連載された作家の吉永みち子さんのエッセーである。タイトルは「民に届かない言葉」。コロナウイルスの危機に国民が揺れているのに安倍首相の言葉が信じられないと書いてある。あまりにもひどいと思った。こんなことを書いている。  ○コロナウイルスの感染が重大局面を迎えているの…
コメント:0

続きを読むread more

インターバル練習

今日のアミノバリューランニングクラブの練習はインターバルトレーニング。家を出るときは雨だったが、宜野湾市グラウンド(コンベンションセンター隣)に着いたときは止んだ。9時集合だが、8時に着いてストレッチをしてウオーキングアップを始めた。インターバルの内容は、400㍍トラックの半周200㍍の15本。200㍍をダッシュして、200㍍は軽いジョ…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルスと社会の変化

世界中に広がるコロナウイルス。感染が暴走しブレーキがかからない。今朝までに、世界の感染者が約96万人、死亡者が4万5千人余。感染者が1日に7万3千人、死亡者が5千人も増える。国内の感染者は2万6千人余、死亡者が65人。昨日1日で感染者が233人増えた。世界で感染が最もひどいのはアメリカ。21万人が感染し1万3千人が死亡した。世界の感染者…
コメント:0

続きを読むread more

在宅勤務と時間

今日は在勤務の2日目。パソコンに向かっての仕事だからオフィス勤務と仕事の形態はあまり変わらない。周りに人がいないのが違うだけだ。自宅勤務で一番強く感じるのは「自分の時間」という気持ち(意識)。自分が時間の管理者(所有者)だということ。オフィスでは、出勤するとタイムカードを押す、授業、会議とかで時間が決められる。外出時には外出先を書く、休…
コメント:0

続きを読むread more

第3期の人生スタート

昨日、19年勤めたサイ・テク・カレンを退職し,55年間のサラリーマン人生が終りました。今日からは新しい1人旅の人生がスタートします。マラソンに例えると、30㎞地点を通過したところです。30㎞まではペースメーカーに先導されていましたが、この先の12㎞は自分でペースを作って走る。残り12㎞がマラソの勝負どころであり、人生では結実期です。振り…
コメント:0

続きを読むread more

観光客減と沖縄

観光客でにぎわっていた空港、国際通り、スーパー、レストラン、ドラッグストーア、ホテル。今は、韓国、台湾、中国からの観光局が姿を消し、台風が去った後のように閑散となった。観光客を相手にしていたビジネス・企業者が空を仰いでいる。コロナウイルスが沖縄に大きな痛手を負わせている。土曜日(28日)の沖縄タイムスの総合3面「うちなあ見聞録225」(…
コメント:0

続きを読むread more

筋肉は正直者

昨日の練習会は、海中道路を走り、浜比嘉島の山を上ったり下りたりするクロスカントリーのような練習だった。急な階段を上る。平坦コースでペースを上げる。きつい練習だったが脚に疲れがなかった。手前みそですが、脚の筋肉が強くなったとことを感じた。筋肉は正直ものだ。使わないと必要とされていないのだと思って怠けて細くなる。使うと役にたとうと思って強く…
コメント:0

続きを読むread more

アミノバリューランニングクラブ練習会と浜比嘉島

今日28日(土)はアミノバリューランニングクラブの練習会。うるま市勝連のあやはし海中道路の海の駅「あやはし館」の海辺に陣取り浜比嘉島を周る2時間半のコースを走った。朝9時半スタート、海中道路から浜比嘉大橋を渡って浜比嘉島へ。「浜」を通り、峠を越えて「比嘉」へ。島は西と東に2つの集落に分かれ、西が浜、東が比嘉。島の民家は石垣とフクギで囲ま…
コメント:0

続きを読むread more

コロナウイルスは人類への警鐘

朝、職場で掃除のおばさんのあいさつは"コロナウイルが大変ね" “世の中は変わりますかね”。“変わらないといけませんね。コロナは、ぜいたくしほうだいの世の中への警告じゃないですかね”と会話した。現代の社会を見ると、人々は豊かな生活、便利な世の中をエンジョイしている。電気も水も使い放題。食べ物、住む家、車もある。電車や飛行機もある。だのに、…
コメント:0

続きを読むread more

3つの幸運

 自室の模様替えのため、24日(火)の午後から25日(水)まで仕事を休んだ。火曜日(24日)、机を入れ替えするときに、インターネット回線とルーターをつなぐ接続口の装置を壊して、回線が接続できなりインターネットも固定電話も使えなくなった。困った。昨日(5日)の朝、NTT西日本に電話したら、音声で案内するのでプッシュホーンのある固定電話しか…
コメント:0

続きを読むread more

オリンピック延期―日本の決断

7月開幕予定の東京オリンピックの開催の延期が決まった。昨日、安倍総理大臣がバッハ国際オリンピック員会会長に電話で提案して、委員長が合意した。予定の日程で開催でのか、中止になるか、延期するとのか、疑心暗鬼の状態が晴れたのだ。世界中がホットしたに違いない。コロナウイルスがが世界中に広がり、人類がウイルスと泥沼の闘いをしている中で、オリンピッ…
コメント:0

続きを読むread more

オリンピック開催延期の影響

80%完成予定の大型ビルの建設が工事中止になったらどうなるか。当事者は途方に暮れ、その投資費用、期待利益の損失は計り知れない。4年間を費やして準備してきた東京オリンピックの7月開催が延期になる可能性が強くなった。施設もほぼ完成し、開会式を待つばかりなのに。延期になった場合の経済的な損失は計り知れない。オリンピック出場に燃えている選手たち…
コメント:0

続きを読むread more

日の出の太陽

朝6時48分だった。職場の駐車場に車を止めた。ドアを開けて出た。東の空を見てびっくりした。なんだ、あれは!赤紫の球体が東の空に浮いている。バスケットボールのように丸く、卵の目玉のように赤く紫色に輝いている。日の出の太陽だと気づいた。あまりの美しさ、神々しさに見とれた。聖火の炎より輝いている。希望が燃え上がるような感動を受けた。自然の神秘…
コメント:0

続きを読むread more