NAGOハーフマラソン大会60周年記念誌

NAHAマラソンが、くる12月に第35回大会を迎える。NAGOハーフマラソンは明けて1月19日に第61回大会を迎える。NAGOハーフマラソンはNAHAマラソンの26年も前から続く県内で最も歴史の長い大会である。 今朝の新聞(琉球新報)によると、NAGOハーフマラソンの60周年記念誌が発行されたという。歴代入賞者の記録も載っているとのこ…
コメント:0

続きを読むread more

ゴルファの比嘉-貴すごい

昨日の新聞に県出身の比嘉―貴選手が、福岡の茶屋GCで行われた男子プロゴルフツアーの最終日にツアー初優勝したと、大きな見出しが出ている。比嘉選手は本部高校、東北福祉大出身で24歳。プロ2年目での初優勝というからすごいことだ。しかも、パー72を66で回り、通算6アンダーで、大会記録を更新、2位に5打差をつけての優勝。 夕方、新都心公園でス…
コメント:0

続きを読むread more

沖縄の心「なーしむさ」

今日の沖縄タイムのオピニオン欄「茶のみ話」に投稿した文章が載った。 内容は、NHKテレビで放映されたドラマ「甲子園とオバーと爆弾なべ」の中で、1990年の夏の甲子園の決勝戦で沖水が0-1で天理に敗れた時、がっかりする応援団に向かってオバーが語ったセリフ「なーしむさ」からヒントをえて書いた。 投稿は文章の書き方を学ぶリハーサルのような…
コメント:0

続きを読むread more

実践練習

今日から9月。マスターズの全国大会まで残り12日。13日(金)に1500㍍、15日に3000㍍と800㍍の競技がある。競技場は群馬県前橋醤油スタジアム郡馬。実践練習のつもりで、昨日、浦添グラウンドのコース内で走った。5㎞のジョギングをした後、20分ほど休憩して、3000㍍のテスト走。3000㍍を走り切るペース感覚を覚えるための練習。スタ…
コメント:0

続きを読むread more

元の職場の友の会

農業関係団体を退職した元職員の会―農林年金受給者友の会―が南城市佐敷のユインチホテル南城であった。退職したのは20年も前のことだが、後輩も先輩方も併せて230人が参加した。午前中に総会、グラウンドゴルフ、12時から温泉入浴、13時から昼食。久しぶりに仕事を忘れて昔の自分に戻った。昔の仲間と会うと名前は急には思い出せないこともあるが面影は…
コメント:0

続きを読むread more

肉なし「フライドチキン」。

今朝の新聞(琉球新報経済面)によると、白の背広に黒の蝶ネクタイ、白いあごひげの老紳士の看板の「ケンタッキーフライドチキン」(KFC)が、ジョージア州アトランタの店で植物性肉の「フライドチキン」を試験的に発売した、と伝えている。 KFCと言えば、フライドチキン、レッドホットチキンパック、レットホットサンド、骨なしケンタッキー、和風チキン…
コメント:0

続きを読むread more

良い話を見つけましょう

毎朝、良い話はないかと新聞を見る。今朝の新聞のトップニュースは年金のこと。将来、年金が増える話ではなく、減る話だから人々の気持ちを明るくする良い話ではない。自然にスポーツに目が向く。 プロ野球のペナントレースが終盤に近付き、争い激しい。昨日の時点で、セ・リーグは、1位巨人、2位DeNAが5ゲーム差で追う。バ・リーグは首位ソフトバンクを…
コメント:0

続きを読むread more

3000㍍のインタバル

9月のマスターズ全国大会に向けて、練習を始めてから3か月が過ぎた。これまで段階的に練習レベルを上げてきた。昨日から、⑥ステップの3000㍍のインタバル練習に入った。 始めに、①全身のストレッチ→②下半身の筋トレ→③上り坂腿上げ→④300㍍のインタバル→⑤1000㍍のインタバル→⑥3000㍍のインタバル→⑦3000㍍のトライアル走(終了…
コメント:0

続きを読むread more

アメリカン ヴィレッジ

昨日、北谷町のサンセットビーチで家族、親戚のものが集まってバーベキュパーティをした。ビーチの北側にあるコンクリ―作りの2回の大広間を借りていたので暑さも気にせず、海を見ながら何もせずに過ごした。 息子たちが準備するので、好きなように食べて飲んで、好きなことをして、ハトにように自由だった。美浜アメリカン ヴィレッジへ足を伸ばして散歩。ホ…
コメント:0

続きを読むread more

野球は2アウトから

野球は2アウトから。小学校のころから頭に沁み込んでいる。負けているとき、大きな声で「野球は2アウトから」と応援したものだ。それが真実味を帯びていうことが次第に分かってきた昨晩、東京ドームでの巨人―DeNA戦を5回からテレビ観戦した。3-1で巨人がリード。巨人の勝ちだっと予感した。だが、8回の表に、DeNAが1点を追加し、なお2死、2塁で…
コメント:0

続きを読むread more

ランニングと呼吸

アルバイト的にほぼ毎日走っていが、ただ走っているだけでどんなメカニズム(仕組み)で走っていのか、毎日車を運転しているのにエンジンの仕組みも知らないのと同じだ。今朝、琉大であったアミノバリューランニングクラブの講座で、「ランニングと呼吸」について学んだ。小学校のころ教えられた通り、呼吸とは息を吸って吐き出すこと思ていた。今日の講座で呼吸と…
コメント:0

続きを読むread more

夏の甲子園終わる

8月6日開幕した今年の全国高校野球選手権大会―夏の甲子園が昨日終わった。出場校49校の頂点に立ったのは大阪の履正社だった。昨日の決勝戦は石川県の星稜高校と履正社の対戦。5-3で履正社が勝って優勝した。仕事の合間にテレビを見た。 星稜を応援した。星稜は3回戦で智弁和歌に延長14回、4-1で勝ち、奥川投手が23奪三振、準じゅん決勝では仙台…
コメント:0

続きを読むread more

山川36号・37嬉しい

昨日の晩、夕食をしながら9時のNHKニュースを見て、あと片付けをし、明日の弁当の準備をしていると、一緒にテレビを見ていた孫が、スポーツニュースが始まるよう、と声をかけてくれた。テレビの前に急ぐ。 プロ野球ニュースはセ・リーグから先、それからパ・リーグの試合のハイライトが放映される。埼玉のメットライフドーム(西武の本拠地)での西武と日ハム…
コメント:0

続きを読むread more

インタバル練習のスケジュール

インタバル練習のスケジュール9月に全日本マスターズ競技大会があるので出場準備の練習をしています。6月以降、次のような大まかなスケジュールで基礎体力づくりからから実戦練習まで段階的にレベルアップするスケジュールを立てて実行しています。1ステップ1週間程度の区切りで練習メニューを変えます。〇第一ステップ:ストレッチと筋トレ(6月)〇第二ステ…
コメント:0

続きを読むread more

「沖縄の心」とは

今朝の沖縄タイムスのオピニオン欄で大阪府の小学校教師阿部さん(37)の投稿文を読んだ。タイトルが『(沖縄の心)もっと学びたい』。「大阪の心」には「世話焼き」、「しんどい子どもを見捨てない」、「ハングリー精神」があると紹介しておられる。侠気、強気、人情深い大阪人気質というものが察しられる。 さて、「沖縄の心」とは何だろうか? その分野の…
コメント:0

続きを読むread more

“ジョートーやさ"

男性の県内最高齢者津波蒲戸(つはかまど)さんが15日に高齢者施設で亡くなられた(18日の新聞)。111歳。読谷村出身。老衰だった。 津波さんは、明治41年(1908年)の生まれで、明治、大正、昭和、平成の4時代を生き, 支那事変、日中戦争、太平洋戦争を経験され、戦後は軍作業で生計を立ててこられたという。「いつも笑顔を絶やさず、太陽みた…
コメント:0

続きを読むread more

速く書く・速く走る

だれにでも、こうなりたいと欲するこがあることでしょう。それを思うようにできるようになりたいと願う。私は2つある。一つは、文章を速く書くこと、2つは、もっと速く走ること。 毎日のブログ書くにも1-2時間要するときもある。それを30分で書けたらいいなと思う。新聞投稿ももっと短時間に書きたい。昨日、浦添のマンガ倉庫に行った折、これだと思った…
コメント:0

続きを読むread more

ファンタジーの世界を楽しむ

お盆も明けた。朝、朝食をとりながら、FMから流れる懐メロを聴いた。心に残る一曲が流れた。村田英雄が歌う「無法松の一生」だった。「小倉生まれの 玄海育ち 口も荒いが 気も荒い」泣くな嘆くな 男じゃないか どうせ実らぬ 恋しゃもの」荒れくれ者の人力車引きの松五郎が陸軍大尉の未亡人吉岡良子を恋い慕う。育ちも身分もう。男の思いを口することもでき…
コメント:0

続きを読むread more

お盆明ける

昨日は旧盆のウークイ。3日間共に過ごした先祖様の霊とお別れする日。家族、子・孫・従兄たちが集まってお別れパーティ―をして、晩の10時過ぎお見送りをした。「また、来年、お待ちしています」と。 金曜日はウンケーの準備で練習は休み。土曜日はインタバル練習、日曜日はストレッチングをして体をほぐし、お盆休み中に筋肉が弛まないように工夫した。ご馳…
コメント:0

続きを読むread more

終戦記念日とお盆

8月15日。終戦記念日とお盆とが重なった。お盆のことに頭がが回り終戦記念日のことは忘れていた。日本とアメリカの戦争(太平洋戦争)は1941年(昭和16年)に始まり、1945年(昭和20年)に終わった。4年に及ぶ日米の悲惨な殺し合いが続いた。そして、74年前の今日、昭和天皇が国民に向けて日本は負けたことをラジオで放送された。この日を終戦記…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more