コロナから身を守る

県内のコロナウイルス感染者が増え続ける。28日に22人、29日44人、30日49人と日ごとに増えている。7月には182人の感染者が出た。今日はどうなるだろうかと県民が神経をとがらしている。30日には、那覇市の繁華街だけでなく、南城市役所、豊見城市役所、糸満市の小学校教諭、沖国大、沖大でも感染者が見つかった。石垣市でも6人、宮古市で初感染…
コメント:0

続きを読むread more

可哀そうな象さん

今日、中学校3年生の英語の勉強は「かわいそうな象さん」の話でした。こんな内容です。戦争が終わりに近づいたころ、上野動物園で3頭の象が飼われていました。ジョン、トンキィ、ワンリー(花子)です。おとなしく、目が愛らしく、芸が上手で来園者を喜ばせてくれました。東京の空襲が激しくなると軍部は3頭のゾウを殺傷するよう動物園に命じました。飼育員は命…
コメント:0

続きを読むread more

住宅の塗装工事

昨日から拙宅が塗装工事に入った。外壁の色がはげ落ち、あちこち黒ずんでいる。ひび割れもある。引き窓もサビついて自由に動かない。玄関の扉も窓枠も取り換える。古屋の再生工事で約1月半も続く。建築して50年近くも風雨に耐えてきたのだから外観が色あせ、建物が脆くなるのもやむも得ない。それが自然の成り行きだ。塗装工事が終わると、きっとピカピカの住宅…
コメント:0

続きを読むread more

新しいバッグ

昨日、新都心のサンエーメインプレスで小型のリュックサックを買った。Mono amicus、2000円。スタイル、大きさ、機能性、使い易さの全ての条件を備えている。背中におんぶするリュックサックタイプが一番気に入った。背中に背負うと両手が自由に使え気軽に身動ができる。外出時に女性がハンドバッグを手放さないように私もバックを必ず持ち歩いてい…
コメント:0

続きを読むread more

文武両道の精神で乗り切る

4連休が明けた。休みの間、政府の旗振りで“旅行へ行こうよ”「Go To」キャンペーンで、沖縄の観光客も増え、国際通りやビーチも賑わいを見せた。国内の観光地でも旅行客が増え、地域のビジネスが息を吹き返す様子をテレビが伝えていた。他方、コロナの感染者が増えた。26日の感染者は、沖縄で6人、東京で236人、全国で835人。また、福岡では90人…
コメント:0

続きを読むread more

セミの声

今日もクマセミの大合唱を聞きながら窓際の机の前に座っている。あと1月余で静かになることでしょう。夏が終わると北部ではジーワ―ジーワ―と「オオシマゼミ」の鳴き声を聞く。10月の初めごろ58号線を北に向かうと恩納村の「県民の森」辺りから「ジーワ、ジーワ―」と鳴く「オオシマゼミ」の鳴き声が耳にはいる。今帰仁村伊豆見の山間まで行くとひときわ大き…
コメント:0

続きを読むread more

1500mタイムトライアル

今日のアミノバリューランニングクラブの練習メニューは1500㍍のタイムトライアルだった。宜野湾市陸上競技場で朝9:00スタート。日ごろのマイペースの練習と違って、今日は1500㍍を何分で走れるか、実力を試す練習だ。シューズもTシャツも大会本番のつもりで臨んだ。目標は7分を切ること。1㎞5分を切るベースで走ると7分は切れずはずだ。スタート…
コメント:0

続きを読むread more

今朝の新報「ティータイム」

アイヌの伝統文化について、7月15日と17日のブログでも書きました。それをもとに「アイヌ伝統文化の継承」の題で投稿したら「アイヌの豊かな生き方」に書き直されて琉球新報の今朝のティータイムに載っています。19日にメール原稿を送ってから6日目です。何度も書き直し、モチをつくように繰り返したたきました。書く時はいつも頭でっかちになり、難しいこ…
コメント:0

続きを読むread more

ミニ運動会

近くの中学校でミニ運動会があった。ボランティア授業をしているので朝から応援に行った。9時から始まり12:30に終わった。コロナで学校行事開も催せない。卒業する3年生の思い出作りのためにと父母会が提案して実現したミニ運動会だった。ダンス、ドッチボール、綱引き、学級対抗リレーがり、家族の応援者多い。生徒たちの元気はつらつとした姿を目のあたり…
コメント:0

続きを読むread more

カボチャの話

カボチャで免疫力アップ読谷村にお住の知人から妻がカボチャをもらってきた。形も色合いもスーパーで見るカボチョとは違う。普通のカボチャは丸くてハンバーガーの形だがこのカボチャは円柱型をしている。頂いたカボチョを妻が煮つけにて料理してくれた。ほかほかで甘くてケーキのように口でとどける。ぼくは世界一美味しいと思った。カボチャはビタミンA、B, …
コメント:0

続きを読むread more

臨機応変に行動しよう

昨日の午後5時前、走り支度をして車を出そうとしたら妻から電話がかかった。「知人が届け物をもってくるから受け取ってくれ」という。簡単にOKした。5時半に浦添グラウンドに着いて6時から走る予定だった。5時過ぎても来ない。すぐに走れる準備をしようと考えて家の前でストレッチ体操、スクワット、ランジをしながら待った。来たのは5時半。今から浦添に行…
コメント:0

続きを読むread more

身近なテーマを選ぼう

昨日は新聞投稿の原稿を書くのに1日つぶした。「アイヌ民族文化博物館」をテーマにした600字の短い文章だが仕上げるのに手間取った。コロナ禍後の新生活を考える上でアイヌ民族の質素で豊かな生き方がヒントになるという趣旨の文章だった。新聞記事を読んで思いつたのだが全国レベルのテーマになってしまい、短い文章に煮詰めるのに汗をかいた。旅で言うと、目…
コメント:0

続きを読むread more

緩急をつけた練習

月間の走り込み150㎞を目標にしているが、なかなか達成できない。毎日が日銭稼ぎのようで、1日でも休むと収入が減る感じがして休むのが惜しい。だが、毎日続けていると疲れがたまって1時間で5-6㎞しか走れない。ウォーキングの連続となってします。これじゃいかんと気づいた。練習に緩急をつけようと考えた。週に4日は走る日、3日はストレッチと筋トレの…
コメント:0

続きを読むread more

アイヌ民族文化の発信とは

北海道の白老町(しらおいちょう)で国立のアイヌ民族文化施設「民族共生象徴空間」(ウポポイ)が12日オープンした。アイヌ民族文化を発信し国民への継承を促進することが目的だという。アイヌ文化の何を発信するのでしょうか。アイヌ文化の何を継承してほしいのだろうか。開業記念式典での政府代表の挨拶でもその中身は語られなかった。アイヌ民族の文化につい…
コメント:0

続きを読むread more

アイヌの文化

アイヌの文化(7月15日) 12日に北海道白老町(しろいちょう)にアイヌの文化施設が開業したと昨日の新聞にあった。施設の名称は「民族共生象徴空間(うぽぽい)という。アイヌ民族の文化の発信と継承を国民に促進することを目的してつくられた国の施設だ。 私は16年前、白老町にあるアイヌの伝統的な集落を再現したポロトコタンを訪れえたことがある…
コメント:0

続きを読むread more

オオバナアリアケカズラ

昨日の那覇の気温は34度まで上がった。気温が高くなるほど輝く花がある。お気づきでしょうか。夕方、浦添運動公園をジョギングしていると、野球場を囲っている3mほどの高さの生垣に黄色い花が咲き競っている。直径10㎝もある大きな花で「オオバナアリアナカズラ」という。ブラジル原産の熱帯の花木。夏が開花の盛り。数年前、医師の吉田朝敬先生にこの花の名…
コメント:0

続きを読むread more

福岡市の地下鉄

中学校の英語のテキストにある話。貝塚駅のホームに立っていると外国人から福岡空港へ行く電車の乗り方を聞かれた。OK. “We are at Kaizuka Station now. Go to Nakasu-Kawabata and change trains there. Take Kuko Line”と高橋君が教える。英語の意味は分か…
コメント:2

続きを読むread more

ぼくのメッセージ

小さなことでもいい。心の中にあることをメッセージとして発信したい。ぼくの本能的な欲求である。昨日のタイムスの読者欄に投稿が載った。「名ランナー山田さんのバトン」。7月1日に投稿して約2週間がたつ。ボツ(不採用)だと思っていたら載った。大げさだが息子の帰りを待つ「岸壁の母」の気持ちであった。山田敬蔵さんは私の心の中に生きている。1953年…
コメント:0

続きを読むread more

魔法の水

今日のアミノバリューランニングクラブ練習会は暑かった。朝7時過ぎはまだ涼しいが8時を過ぎると気温が上がり始め、10時を過ぎると30度を超す。長い距離を避けて、短い距離で質の高い練習をする。最初は、新都心公園の天空橋の坂のラッシュ。橋の勾配は緩いが合掌造りの屋根の形をして頂上を境に両側が坂になっている。坂をはさんで両側に歩道がり片道400…
コメント:0

続きを読むread more

文章の書き方―生きた獲物を捕らえる

毎日ブログを書いているとサッサと書けるときもあるが書けないときもある。書けないから“もういいさ”というわけにはいかない。日課と決めているからとなんとか書こうとするとこぎつけの文章になる。昨日のブログもそうだった。納得がいかないとぼやいていたら、机の上に高峰秀子さんのエッセー集があった。ページを開いたら「花は友だち」という短いエッセーがあ…
コメント:0

続きを読むread more