ブログ中断のお詫び

12月18日以来、4日間ブログを休んでしまった。読んで下さる方々に申し訳ないと思っている。原稿1つを書くのにほんろうされて、ブログを書くのに気が回らなかった。短い文章だが書いても書いてもちぐはぐな内容なりまとまらない。子どもがプラモデルを組み立てようとするが、部品が合わないでいつまでたっても組み立てられずにべそをかいているようなものだっ…
コメント:4

続きを読むread more

平良新人王・大城ベストナイン

17日、プロ野球今季の優秀選手を表彰する表彰式が行われた。パーリーグの最優秀新人に西武の平良海馬選手が選ばれた。新人投手には高校の甲子園組、大学出の1位指名で入団した投手がひしめくなかだ、4位指名の平良選手が最優秀選手となった。彼は石垣島の八重山商工高校出身の21歳。今季は、セットアッパとしてリーグ最多に並ぶ54試合に登板し、1度も負け…
コメント:0

続きを読むread more

原稿を書いた

午後5時半、沖縄タイムスの「茶のみ話」に投稿する原稿をメールで送った。手掛けた工事が完成したような気持ちになった。テーマは「高齢者医療費2割負担・高齢者へエール」。15日の閣議で政府が2022年から後期高齢者(75歳以上)の窓口負担割合を現在の1割から2割に増やす方針を決めた。高齢者には負担増となるが、高齢者医療保険制度を維持するために…
コメント:0

続きを読むread more

1日が短い

歳の瀬でしょうか、1日が短いと感じる。朝6時に起床、午前中学校、帰宅して昼食、1時間昼寝して、新聞を読むともう3時。5時から走りにでると2時間しか空いた時間はない。ブログも書く。年末の新聞投稿の原稿も書きたいが時間が無い。やむを得ないから、走る時間をカットする。一番に犠牲になるのは走ること。イギリスの哲学者フランシス・ベーコンは:「若い…
コメント:0

続きを読むread more

高齢者への「エール」

75歳以上なると医療保険負担割合が1割から2割に上がるのではないかと、世論の関心が高まっている。高齢者にどうな声をかけかけたらいいでしょうか。2つの意見がある。自助か公助か。1つは、高齢者は今でも切り詰めた生活を送っているのに、医療費の負担をふやすのはけしからん。政府は経費を節約して高齢者を支援すべきだ。高齢者医療保険制度の改革はやめよ…
コメント:0

続きを読むread more

燃料電池車―FCV

今朝の新聞(新報)の見出しに「燃料電池車、普及促進へ」とある。トヨタ自動車が9日にFCV「MIRIミライ」を発表したという記事。FCVってなんだろう。しばらく考えて思いついた。そうだ、Fは燃料のfuel, Cは電池のcell, Vは車のvehicle だと気づいた。簡単な英単語の組み合わせだ。FCVとは燃料電池車のことだったのだ。車の燃…
コメント:0

続きを読むread more

勝手にNAHAマラソン

今日のアミノバリューランニングクラブの練習会は「勝手にNAHAマラソン」8:30奥武山公園の芝生広場に集合。フルーコースを走る組とハーフの組に分かれてスタートした。ハーフコースを走った。公園を9時にスタートして、国場川大橋を通って直進、豊見城交差点を折り返して公園に戻り休憩。約8㎞。走り初めは調子が出ず、1㎞までは8分ベース。みんなにつ…
コメント:0

続きを読むread more

高齢者と医療費

日本では、65歳-74歳を前期高齢者、75歳以上を後期高齢者という(人口統計)。後期高齢者になると体力の衰えが目立ち病気も多くなり病院に行く回数が増える。医療費が頭痛の種だ。今の医療制度では、70歳になると病院での窓口負担が3割から1割に下がる(但し所得の高い人は現役世代並みの負担)。残りの9割は現役世代の保険料と国、地方自治体の負担で…
コメント:0

続きを読むread more

地球儀とグローブ

教室に地球儀がる。英語で何といいますか、と生徒が聞く。「グローブ」と答えると野球のグローブとおなじですね、という。なるほど。野球選手の手袋も日本語では「グローブ」と発音する。英語では地球儀のグローブは「globe」、野球のグローブは「Glove」と書く。スペルの「b」と「v」の違いがあるだけだが、発音も意味も大きく違う。他にも、「rig…
コメント:0

続きを読むread more

「はやぶさ2」の旅路

小惑星探査機「はやぶさ2」は2014年12月3日に鹿児島の種が島から打ち上げられ小惑星「りゅうぐう」の探索へと向かった。そした、2019年7月に小惑星「りゅうぐう」に到達し、ランデブーを続け、2回表面に着地し物質を採取した。さらに、その表面を爆破し内部の砂を採取しカブセルに収めた。大きなミッションを成功させた。「はやぶさ2」は2019年…
コメント:0

続きを読むread more

「はやぶさ2」のカプセル帰還

宇宙の小惑星探査機「はやぶさ2」に搭載されたカプセルが6日無事に地球に帰還した。6年及ぶ大任を果たしての帰還だ。我ながらうれしい。「はやぶさ2」は2014年12月3日打ち上げられた。故障もせず、電池切れもせず、迷いもせず、無事に地球に帰ってほしいと、祈るような気持ちで打ち上げを見守った。「はやぶさ2」の本体はいったん大気圏に接近しカプセ…
コメント:0

続きを読むread more

粘ばって1年を締めようー取材から学ぶ

先週の火曜日・水曜日はRBCテレビ、14日はRBCアイ・ラジオ、11月17日は沖縄タイム記者の取材を受けた。取材を受けながらマスコミの仕事は華やかそうにみえるが楽じゃないね、と感じた。テレビの場合、わずか4-5分ほどの番組をつくのに2時間以上も取材をする。4日の6時の放送というのに3日の午後5時まで取材を続ける。取材者はみんな真剣だから…
コメント:0

続きを読むread more

NAHAマラソンは健康の源

12月6日は第36回那覇マラソンのはずだったがコロナの影響で延期になった。今日に沖縄タイムスはNAHAマラソン35回を振り返る特集記事を組んでジョガーを励ましている。「NAHAマラソンは健康の源・精神面も変化」と私も顔をだしている。NAHAマラソンを走り始めてから35年が経ち83歳になったが健康状態は変わらない。。杖も要らない。薬にも医…
コメント:0

続きを読むread more

最高齢ジョガーの人生訓

昨日(4日)午後6時15分からのRBCザ・ニュースで自分のことが放映された。アナウンサーのナレーションでオープンした。「大会延期となった12月のNAHAマラソン。ジョガーにとって少しさびしいシーズンとなりましたが、大会連続完走最高齢者ジョガーの言葉は私たちに頑張る力を与えてくれます」。タイトルは「最高齢者ジョガーの人生訓」だった。取材の…
コメント:0

続きを読むread more

RBCラジオ実況取材

今日はRBCラジオの取材をうけました。NAHAマラソンが延期になってその補いの放送でしょうか。12時半にRBCラジオカーレポータの「長浜ひろき」さんがサポーターと一緒に取材に見えました。RBC アイラジオミュジックシャワーの番組で10時から放送されます。録音だと思っていたら、状況生放送でした(1時ごろの放送)。「今日のラジオカーリポート…
コメント:0

続きを読むread more

テレビ取材を受ける

昨日3時半から4時半まで自宅でRBCテレビの取材を受け、その後、新都心公園で練習風景の録画がありました。取材には、テレビ局のキャスターさん、カメラマンと助手3名が見えました。大きなテレビカメラを担いでくるので近所の方々が珍しそうにみていました。妻、二男、三男の妻と娘(小6年生)が一緒にインタビューを受けました。話の中心は、〇Naha マ…
コメント:4

続きを読むread more

10年先の人生を夢みて

今朝、知り合いの高齢の方から電話があった。体のどこも痛くないが「ちるだい」し、なにもしたくないよ、という。声に哀感がこもる。外に出て出て体を動かしたらいいですよというと、分かっているがその気力がないよ、と。若い時は意気盛なスポーツマンだったのに残念だ。「ちるだい」の「ちる」は三線の弦(糸)のこと。「だい」とはゆるむ(たるむ)、垂れ下がる…
コメント:0

続きを読むread more

エールと「栄冠は君に輝く」

ぼくは「栄冠は君に輝く」が好きです。この曲を聞くと青春がまぶたに浮かびます。どんなして生まれたかこの曲が生まれたかエールで知りました。「栄冠は君に輝く」は夏の全国高校野球選手権大会(甲子園)の大会歌です。1948年朝日新聞社が歌詞を募集し、この歌詞が1位に選ばれました。歌詞を書いた加賀大介さんは元野球少年でしたが怪我で右脚を切断されまし…
コメント:0

続きを読むread more

朝ドラ「エール」と夫婦愛

NHKの朝ドラ「エール」が27日に放送を終えた。だれかとの別れを惜しむような気持ちがした。毎週、月曜日から金曜日の12時45分から1時までテレビで見た。主人公の古山祐一と妻音(二階堂ふみ)がいたわりありあって仕事や世間の悩みや困難を乗り越えていく夫婦愛の物語である。音楽の才能に恵まれた祐一だが内気で、曲をつくってても認められず自信を失い…
コメント:0

続きを読むread more

練習会―痛み吹っ飛ぶ

今日は11月最後の定例練習会。風が冷たい。冬近しを感じる練習会だった。主メニューは新都心公園の天空橋の坂を駆け上がる坂道スプリント。左脚の痛みがあるのでみんなとはついて行けず、別メニューで坂をテクテクと上り下りした。精一杯走れないのが辛い。我慢、我慢と言い聞かせながら続けた。青空、ゆったりした公園の風景、歩くだけで幸せ感が湧く。先輩の嘉…
コメント:2

続きを読むread more