テーマ:社会

大阪サミットの成功を祈る

今、一番関心をよせるのは、今日浦添に開業するパルコシティサンエーではなく、明日開催される大阪サミットのこと。 28日から29日までの2日間、大阪の国際見本市会場でG20大阪サミット2019が開かれる。日本で初めての大きな国際会議である。参加国は、主要国20か国の他に国際機関の長、招待国の首脳が来日する。 参加する主要20カ国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日米安全保障条約の破棄の話題

気になる記事が今朝の新聞に載っている(タイムス・新報)。アメリカのブルームバーグ通信が伝えた記事である。 「トランプ大統領が日米安全保障条約を破棄する考えを最近、側近に漏らした」と報じた。いつ誰に漏らしたかは不明。事実なのか憶測なのかも不明。政府がアメリカ政府に確認したら、「そんなことはない」との返事だった(菅官房長官談)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オールスター山川穂高選手最多得票

7月12日と13日の両日、2019年オールスターゲームが行われる。12日は東京ドーム、13日は甲子園。昨日(24日)、オールスターゲームに出場する選手のファン投票の結果が発表された(今朝の新聞)。ファン投票出場選手23人が決まった。 得票数最多は西武の山川穂高1塁手。ファン投票の531,187票を集め、セ・パ両リーグを合わせて1位…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慰霊の知事のスピーチ(平和宣言)と沖縄の肝心(ちむくくる)

沖縄の地上戦が終って27年が過ぎた。昨日は27回目の慰霊の日だった。 慰霊祭にも参加せず現地体験はできなかったが、今朝の新聞で大まかな状況を知ることができた。目新しいのは、玉城知事のスピーチ(平和宣言)だ。方言を多く使って「平和を愛する沖縄のちむぐくる」を子や孫に伝えなければならないと訴えた。 知事が用いた沖縄の言葉(方言)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バス料金の値上げー逆転の発想を

今朝の新聞によると、10月からバスの料金を上げさせてほしいと各バス会社から沖縄総合事務局に申請が来ているという。またか。これまで何度、料金を上げてきたのか。私は疑問を抱く。 値上げ申請の理由はバス利用者が少なくなり、会社の経営が苦しくなってきたこと。状況は一般市民にもわかる。昼間走っている大型バスの座席は閑古鳥が鳴いている。これで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の中の日本

人目をぱっと開かせるニュース源が発生した。中国の習近平主席が北朝鮮を訪問するというのだ。北朝鮮の金正恩書記長の招きで来る20日―21日に北朝鮮を訪問する。 今月の28日と29日、大阪でG20サミット(世界の主要20カ国の首脳が集まる会議)が開かれる。出席する首脳たちの頭の中には、いかにして存在感をアピールするかで頭がいっぱいなので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホルムズ海峡の謎

なぜか13日に起きたホルムズ海峡沖のタンカー砲撃事件のことが頭から離れない。イランの犯行か、日本を意識した犯行か、頭の中で渦巻いている。 幸い、タンカーは沈没せず、脱出して救助された乗組員もタンカーにもどり、航行している。また、積み荷の被害もないという。 アメリカ政府は、イランの犯行だと主張する。その根拠として、タンカーから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本のタンカー砲撃―偶然か意図的か

昨日(13日)正午前(日本時間)、メタノールを積んでシンガポール向かう途中の日本の海運会社のタンカーが砲撃を受けた。今朝の新聞に船尾が燃えている写真が載っている。22人の船員は救命ボートで脱出し、タンカーは漂流中である(新聞報道)。 砲撃はイランとサウジアラビア両国に挟まれてペルシャ湾近くで起きた。 ちょうど、安倍総理大臣が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎市殺人事件―心のひずみを問う

5月24日の爽やか朝、路上に立つ市民を包丁で刺し殺す事件が起こった。9人が刺され、2人が死亡した。刺された人のことを思うと心が痛む。他の動物でもありえないようなことをなぜ理性をもつ人間がするのだろうか。考えさせられる。 以前より便利な世の中になった。だが、人間は欲望を募らせるばかりでさらに快適さ、快楽を求めて生きようとし、金銭を手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川崎市の人殺し事件に怒り

28日、朝7時半ごろ、川崎市多摩区の路上で通行人や通学ガスを待つ小学生等、19人が包丁で刺された。6年生の女の子と外務省職員の男性が死亡した。新聞、ラジオ、テレビはこの事件を特番のように報道している。「なんでこんな悪事が起こるのか」と怒りが先んじて繰り返すマスコミの事件報道などは聞くにたえない。 知りたいのは、①犯人はどんな男だっ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

トランプ大統領の日本訪問

アメリカのトランプ大統領が25日に来日し、3泊4日の日本訪問を終え、今日帰国の途につく。滞在中、大統領も安倍首相もお互いに相手の立場を気づかって神経をピリピされておられることでしょう。大統領が満足して日本訪問を終えられるよう願っている。 令和の最初の国賓として来日するトランプ大統領。 〇25日 東京着 〇26日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気になる「ファーウエイ」問題

「ファーウエイ」は中国の大手通信機メーカー。「ファーウエイ」が製造する通信機器、アイフォン、タブレット端末、パソコン等が世界中で使われている。ところが、トランプ大統領が「ファーウエイ」製品の輸入を禁止する措置をとった。さらに、他国にも「ファーウエイ」製品を使用しないよう要請している。 日本では、パナソニックが「ファーウエイ」と取引…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

訪日外国人観光客頼みの景気動向

外国人観光客が多い。昨年沖縄を訪れた観光客数は、999万9000人で、その3分1に当たる300万人余が中国、台湾、韓国かの観光客だった。 全国では、今年1月から4月までの訪日外国人の観光客数は1098万500人だった(21日観光庁発表)。1年間では3000万人を超える可能性があると予想されている(沖縄タイムス5月22日経済欄)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GDP(国見総生産)がプラス成長

内閣府が20日、2019年1-3月期のGDP(国内総生産)の速報値を発表した。数値が+と出るか-と出るか、関心をもって見たが、結果は前期比(10-12月)0.5%の+となった。このペースで1年間続くと年率2.1%の成長率となる見通しである。 景気が良くなっていることが数値に表れた。ほっとした。マイナスとなったら国際的にも日本の影響…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

復帰47年目の今日―私の第2の誕生日

沖縄は戦争が終わった後25年間はアメリカ世(米軍統治下)だった。1972年5月15日に日本に復帰して大和世になった。お金はドルから日本円に、車は左ハンドルから右ハンドルに代わった。公務員は背広を着るようになった。琉球政府は沖縄県庁に代わり、県庁に日の丸が掲げられた。大和世になったことを実感したものである。 復帰は私に人生の大きな転…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイヌの文化に学ぶ

最近、アイヌの話がマスコミによく出る。9日の琉球新報に「アイヌの文化と伝統の振興が必要である」と記事があった。今日の論壇に「アイヌ民族支援法成立」と題した投稿が載っている。4月19日に国会で「アイヌ民族支援法」が成立したのが、火種になったのでしょう。 わたしは、10年ほど前、北海道の白老町(しらおい町)にある「アイヌ民族博物館」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄県の予算―「身の丈を知る」

4人家族のサラリーマン家庭がある。夫婦の給料は合わせて月50万円。月の生活費、家の新築でローンの返済、車のローン、子どもの進学などで出費が増えて支出が60万円。自分の収入だけでは生活できず親からの仕送りで生活を支えている。沖縄県の財政はこんなサラリーマン家庭に例えられる。 手元に「令和元年度沖縄県の当初予算のあらまし」(県財政課)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもの日に思う

今日は子どの日。お父さん、お母さんは子どもに目を合わせて微笑んでいることでしょう。将来が楽しみです。今日は子どもが喜ぶ日にしようと朝から動きも軽やか、そんな情景が浮かぶ。私は子育ても終えたのでのんびりと過ごしている。“鯉のばり 眺めて過ごす 子どもの日”と一句。 子どもは世の宝と昔から言われてきた。その言葉がいま突き刺さる。総務省…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山田洋二監督に共感

昨日の晩、NHKニュースウオッチ9に続いて映画監督山田洋二さんのインタビユーが見た。題して「令和に寅さん復活!」。「男はつらいよ」の続編を作るというお話だった。山田さんは87歳。たくさんの映画を作っておられる。年2-3本を撮る時もあったとおっしゃる。 「男はつらいよ」は主人公の寅次郎が田舎の暮らしを体験する物語が多い。「男はつらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成最後の日に思う

今日、天皇陛下が退位され、平成の時代が終わります。陛下には30年の間象徴天皇のお勤めを果たされ、ありがとうございました。日本国と国民の安泰を願ってお勤めされたことに感謝申し上げます。これからは、美智子様とともにご存分にお健やかに余生をお楽しみされてください。ご健康の内に退位されてよかったと思います。 天皇陛下の思い出の歌(私の想像…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKも「女性脳」か?

1日のうち、テレビを見るのは主にNHK9時のニュースウオッチ9.昨日の晩も、どんなニュースがあるかと興味をもって見た。北朝鮮の金正恩委員長とロシアのブーチン大統領の会談、スリランカのテロ事件、自民党の二階幹事長と中国の習近平主席との会談のニュースがあるだろうと期待した。 だが、最初に画面に現れたのは東京で起きた高齢者による交通事故…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男性にも「女性脳」がある

昨日は「男性脳」と「女性脳」のことを勉強した。今朝、男性の中にも「女性脳」がいることに気づいた。 私の独断だが、日本人の社会では「男性脳」の人は嫌われる雰囲気がる。会議などで自分の意見を筋立てて(論理的)話すと、参加者から煙たがれる。それで、協調、仲間意識を誇示するように「女性脳」で発言をする男性が多い。つまり、仲間の共感を求める…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石嶺にモノレール走る

現在の沖縄都市モノレールは那覇空港から首里崎山町の首里駅まで、15駅、12.9㎞の区間を走る。開通したのは2003年(平成15年)。16年前になる。 モノレールを浦添まで伸ばす工事もほぼ完了し、現在試運転が始まっている。新しくできる駅は、石嶺駅、経塚駅、浦添前田駅、てだこ浦西駅の4駅。線路も駅舎も完成し、開通を待つばかり。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐藤ウチナー評論を読んで

毎週土曜日の琉球新報に「佐藤優のウチナー評論」が載る。沖縄が直面する時事問題について、その原因や意味を掘り下げて解説する評論だ。 今日のテーマは「直視すべき構造的差別」とある。辺野古の海を埋め立て飛行場を造るのは政府が沖縄を差別している証拠だ、と説く。「沖縄は差別について公言できるくらい強くなった」と書いてある。沖縄へのリップサー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紙幣の新しい肖像画

万人が世話になっている一万札、5千円札、千円札の表の人物像が変わると、財務省が9日発表した。でも、実際に変るのは5年後の2024年からである。 今使われている紙幣の肖像画は、10,000札が福沢諭吉、5,000円札が新渡戸稲造、1,000札が野口英世。尊敬するご3名である。ご3人とも私の少年時代を育ててくれた栄養素でご恩に感謝して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太宰府天満宮

福岡県にある大宰府天満宮。学問の神様菅原道真公を祭った神社ということは知っていたが、行ったことはない。地元の人たちの話しによると、人の通りも少なく、静かで散策の場所だという。それが新元号の発表により急に慌ただしくなったという。 新元号「令和」の出どころが万葉集の歌の「梅花の宴」の序文だと伝えられた。「梅花の宴」が1300年前に当時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新元号は令和(れいわ)

昨日の正午前、かたずをのんでテレビの前に座った。菅官房長官が緊張した面持ちで差し出したのは「令和」と書いた色紙だった。新元号の発表だった。それから、安倍総理が「令和」に込められた意味を語られた。 総理の談話をメモした。「令和」の由来となる万葉集の序文の歌は: 〇梅と欄の花の薫りが美しく心を寄せあう薫り高い日本文化と国柄を表す。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日を人生の記念日に!

4月1日。平成の世もあと1月でおわる。次の世はどんな元号にあるか、今日の11時半に発表される。 時は無限に過ぎていく。無限の時の流れに区切りをつけ、有限にするのが元号ではないでしょか。昭和は64年続いた。平成は31年続く。次の年号は何年続くのかは未知の世界。新元号で何年生きられるのか。これも未知の世界。 そして、新元号の時代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泡年万削(ほうねんまんさく)

31年続いた平成の時代もあと1月で終わる。平成はどんな時代だったか。平成を象徴する言葉を4つの漢字(四字熟語)で表現してみよう。住友生命がアンケートで選んだ(沖縄タイムス3月27日総合)。 1位は平成23年(2011年)の漢字で「天威無法」(もとの言葉は天衣無縫・てんいむほう)。東日本大震災を表現した漢字。自然は怖いものだ。 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルの与那嶺真次さん

今朝の琉球新報にブラジルのサンプロ市議会が県系3世の与那嶺真次さんに名誉功労章を授与したことを、城間セルソ明美通信員が伝えている。 ブラジルの与那嶺真次さんさんは、68歳、沖縄県人の3世で名護市久志の出身。WUB仕事をしていた時に幾度かお会いした。意気盛ん、思ったことをズバリ言う、アイデア満載、日本語、沖縄方言達者。奇策な人柄に親…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more