テーマ:言葉

NHKも「女性脳」か?

1日のうち、テレビを見るのは主にNHK9時のニュースウオッチ9.昨日の晩も、どんなニュースがあるかと興味をもって見た。北朝鮮の金正恩委員長とロシアのブーチン大統領の会談、スリランカのテロ事件、自民党の二階幹事長と中国の習近平主席との会談のニュースがあるだろうと期待した。 だが、最初に画面に現れたのは東京で起きた高齢者による交通事故…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「男性脳」と「女性脳」―「女性脳」を理解しよう

もの心ついて70年以上も生きてきても解けなかった疑問が今朝分解けた。疑問とは、家でも職場でも「なぜ女性に好かれないのか」、「なぜ女性に嫌われるのか」。今朝、沖縄タイムスの17ページの「夫の定年で転換期の夫婦」という見出の記事を読んで解けた。 脳科学者によると「男性脳」と「女性脳」があるという。だから、男女のものの考え方が違う。「男…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

心から出ることば

日曜日の沖縄タイムスのこども版「わらびー」を読んだ。アメリカのトランペット演奏者、スキップ・マーティン(61歳)さんが本部中学を訪問し生徒と交流した、という。 生徒たちにこんなことばを語っている。 「音楽は魂の歌、心から歌い演奏するものです」と。また、別の学校で、「練習は楽譜を見るが、本番では目を閉じて心で演奏する」とご自分の体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽にして勝てる試合はない

スポーツで嬉しいニュースが飛び込んだ。 一つ目は、第32回ダイキンオーキッドの女子プロゴロフの国内ツアー開幕戦で本部町出身の比嘉真美子さんが優勝した(10日)。 二つ目は、英国で行われたバトミントンの全英オーブンの男子シングルスで桃田賢斗選手が日本人初の優勝(10日) 三つ目は、ノルディックスキーのワールドカップジャンプ男子で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイパス(Bypass)

今朝、出勤途上の車の中で、英語放送を聞いた。7時のニュース(日本時間)だった。トランプ大統領が頭をかかえている「メキシコ国境の壁」と「政府機関の一部閉鎖」の問題について議会と大統領が歩み寄ったというニュースだった。 大統領は議会が作った予算案に署名し、政府機関の一部閉鎖を解除する。予算案には大統領が要求する壁の建築費は含まれていな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜田五輪大臣の「がっかり」発言

東京オリンピック金メダル候補で競泳の池江璃花子選手が白血病で入院した。元気になってくれと国民が祈っている。 そんな折、東京オリンピック担当大臣の桜田義孝氏が記者との懇談で「がっかりした」と12日発言した。「がっかりした」ということばが大きな問題となっている。何気ないことばに聞こえるがその影響は大きい。身近に考えてみよう。 野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反省の記―相手の話を聞く

今朝のこと。7時に出勤してコーヒを沸かし、机の前で朝食をとっていると掃除婦のKさんが“おはようございます”と部屋に姿を見せた。 机の前まできて“「宝島」がよく売れているそうですね”と声をかけてくれる。口をもぐもぐしながら、だけど私は「読みたいとは思わないね」と言葉を発してしまった。話はそこで止まった。 しまったと思った。彼女…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

“そだねー”今年の流行語大賞

12月3日発表された今年の流行語大賞は“そだねー”。標準語の“そうだね”から「う」が抜けています。北海道の方言だそうです。今年の2月韓国で行われた平昌(ピヨンチャン)冬季オリンピックの日本女子カーリングチームの合言葉です。 白い氷の上に立つ5人の美女性たち。北海道北見のカーリングチームの彼女たちは、試合の始め、途中の作戦会話中、“…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大ブレイクということば

今朝の新聞(沖縄タイムス)のスポーツページに「2018プロ野球十大ニュース④ 西武山川が47発MVP」の囲み記事がある。その中で耳慣れない言葉に出会った。“象徴はプロ5年目で大ブレークした4番山川だ” とある。「大ブレーク」なんの意味だろう。 普通、ブレーク(ブレイクbreak,と書く)と聞くとコーヒーブレイク。小休止を意味する。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YKK―「喜び」「感動」「感謝」

日曜日、NAHAマラソンの試走会で奥武山公園から摩文仁の平和公園まで走った。7時半にスタートしたので気温も上がらず走りやすかった。 伴ネットのメンバー60人。序盤は8-9分ペースで、最後尾につき、調子が上がれば10㎞からペースを上げるつもりで走った。 徐々にペースが上がり、東風平中学校前で、給水班の人に、前に何人行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「盤石」(ばんじゃく)ということば

今朝の琉球新報に8月17日に赴任したアメリカの新駐日大使、ウイリアム・ハガティ氏の記者会見の記事が載っている。急いで目を通しただけだが、「日米同盟係は盤石(バンジャク)だ、と語ったとある。“盤石”という言葉に引っかかった。英語ではなんといったのだろう。 “盤石”読みにくい漢字である。意味は「大きな岩」・いわお(巌)のこと。転じて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今村大臣失言と真玉橋由来記

今村雅弘復興大臣が昨日辞めさせられた。口から出た災いだった。今村大臣は25日、ご自分の所属する二階派のパーティで講演した。その中で、東北大震災に関連して、「あっち(東北)だったから良かった」と発言した。この言葉が命取りになった。政治家なら「言葉を選ぶ」というが常識なはずなのに軽率だった。 国場川に架かる真玉橋がある。300年も前の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

浅田真央さんの引退

昨日、浅田真央さんの現役引退の記者会見が東京のホテルであった。会場には400人余りのテレビ、新聞等のマスコミ記者が集まった。 真央さんが白い服を着ていつもの笑顔で明るく爽やかな表情で姿を現した。真央さんは26歳。少女時代からスケートのリンクに上がり、21年間、いばらの競技生活を生き抜いてきた。 最高の目標だったオリンピックの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語と英語

なぜ日本人が英語で話すと外国人に通じないか。発音とか単語の問題はあると思うが、他にも日本人の言葉の表現のあいまいさに関係があるようだ。 一例。スーパーのレジ係はネパール人。レジ袋をだしますか、と聞いたら、ご婦人さんは「 いいよ」と言った。レジ袋をだすと、「いい」と言ったのになぜだすかと、叱られたという話し。「いいよ」と言われると…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

年金と甘い言葉

地元紙、沖縄タイムス27ページ、琉球新報29ページに「あなたの年金が危ない」と大きな広告が載っている。なんだ、これは、と思った。 年金は、高齢者には命綱、働き盛りの人には人生設計の柱、18歳以上の若者には将来の糧。年金は国民の生活を守る大切な社会保障制度である。それが危ないといわれるとだれでも不安になる。不安にさせて得するのはだれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マキテーナイビランドー(負けてはいけませんよ)

「マケテーナイビランドー」(負けてはいけませんよ)。この沖縄ことばが流行りそうだ。 昨日の新聞は、19日の県民大会の記事で紙面がいっぱい。6万人を超す参加者、参加者の声、主催者のあいさつ、惜しみなく紙面を使って報じている。翁長知事のあいさつ文が掲載されている。結びの言葉は「マキテーナイビランド―」だった。 「マケテーナラン」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火花(ひばな)

火花と聞けば又吉直樹さんのベストセラー小説「火花」か、と思ったら、沖縄県経済団体議長(那覇商工会議所会頭)国場幸一氏と翁長知事との火花のことだった。 4日、県内経済団体合同新年会がハーバービューホテル(旧)であった。主催者挨拶で国場会頭が基地問題の対応について暗に知事を批判した。「意見が違っても話し合いで接する。中には妥協もある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新聞の見出し

新聞は、沖縄タイムス、琉球新報を見ている。それに、デジタルで朝日新聞を購読しているので、「天声人語」を欠かさづ読む。たまに、社説とEnglishに目を通す。 今朝の琉球新報総合欄に小さな見出で「議長不信任動議・賛成少数で否決」とある。“あれ”と思った。「反対多数で否決」ならわかりやすいが、なんで「賛成少数」と書くのかね。名護市議会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「新報こども新聞」を読む

日曜日。晴。 朝の明るい陽光が差し込む日曜日の朝。週に1度の休み。心も身も休まる。 8時。のんびりと朝食。トーストを食べ、コートを飲む。妻は旅行に行ったので家には一人。「新報小中学生新聞」を読む(毎週日曜日に日刊の新聞と一緒に配達される)。 読むと知らぬ土地を旅するようで面白い。妻は八重山旅。私は紙面の旅。 読んで感じたこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外国語はむつかしい

日本人同士の日常会話には不自由を感じないが、異国の人との会話はむつかしい。 それは、言葉の背景にある生活や文化が違うかれでしょう。 昨日、1週間前に沖縄にきたネパール留学(13人)に「日本事情」を教えるクラスでのこと。沖縄に来てネパールと違うと感じたことは何ですか、と質問したら: ○一番はうみ。(ネパールには海がない)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more